menu

Collaborative Studies of Social Issues on Good Health and Well-being in Asia

共創学部
准教授 李 暁燕

台北医科大学(以下、TMU)は台湾のトップレベルの私立医科大学であり、すでに本学と大学間交流協定を締結している。

TMUのiCollegeは分野融合の教育組織で、従来の医学の専門知識・技術の修得のみにとどまらず、医学をとりまく社会的課題に向き合う教育を行っていることから、issue-based教育を行っている共創学部と教育理念が通じている。今回の合同ウェビナーは、健康と福祉に関する社会的課題に焦点を当て、TMUと共創学部の学生が協働学習を通じて異なる学問分野の学知を組み合わせて社会的課題解決に挑戦する。
ウェビナーは、2021年2月22日~28日にかけて、Agingに関する研究現状、健康、と福祉関連のAIを含む技術発展、LOHAS (lifestyles of health and sustainability)等のレクチャーを行い、それぞれのレクチャーの後、グループに分かれて講義内容関連の社会的課題の協働学習を行う。これらの諸問題は、SDGsの目標3の「すべてのひとに健康と福祉を」と目標4の「質の高い教育をみんなに」に関連するものである。

チームメンバー

i College, Taipei Medical University, 教授 Chang Chia-Chi

問合せ先

[Contact] 李 暁燕
[Tell] 092-802-6087
[E-mail] lixiaoyan★m.kyushu-u.ac.jp
★を@に変えてください。

ミュオグラフィの陸から海への展開

ウイルス排出量のピークが早い!新型コロナウイルスの治療が困難な理由を解明

関連記事

  1. 触っただけで痛みがでるのはなぜ?

    ―厄介な痛みに重要な神経細胞を特定―概要 がんや糖尿病、帯状…

  2. 「より良い未来に向けたロハスコンセプト:アジア天…

    農学研究院 環境農学部門准教授 清水 邦義九州大学アジア・オセアニア…

  3. 【台風11号による延期開催】令和4年 第3回市民…

    【台風11号による延期開催】「健康食を沖縄に学ぶ」九州大学 大学院農…

  4. 数理モデルによる臨床試験シミュレータを開発

    〜 感染症に対する標準治療法の早期確立に貢献 〜 九州大学マス・フォ…

  5. ムキムキを目指すだけが筋トレではない。

    筋トレで死亡・疾病リスクが減少 週30~60分を目安にポイント・…

  6. 人工知能による原発性アルドステロン症の病型予測モ…

    〜 手術で治癒可能な高血圧症の早期発見に向けて 〜 高血圧症は、脳心…

  7. 糖飢餓状態の悪性脳腫瘍 ミトコンドリア翻訳阻害薬…

    〜世界初、新しいアプローチによる脳腫瘍治療開発に期待〜ポイント・…

  8. 腸管再生やがん化に重要な新たな幹細胞の発見

    ~がんの新規治療開発や再生医療への応用に期待~ポイント・高度な組…

PAGE TOP