menu

カーボンニュートラルの達成に不可欠!

~CO₂地中貯留の連続モニタリングに向け超小型震源装置の開発~

ポイント

・4cmのモータを用いた超小型震源装置を開発し、装置からの振動(モニタリング信号)を約1km伝達させることに成功しました。
・震源装置の小型化実現により、多数の装置の定常的設置が可能となり、連続的に地中貯留したCO₂をモニタリングできるようになり、安全な操業につながります。
・今回開発した超小型震源装置を用いることで、モニタリングコストを大幅に低減できる可能性があります。

概要

 東京大学大学院工学系研究科の辻健教授らの研究グループは、cmスケールの超小型震源装置を開発し、連続的にCO₂貯留層をモニタリングするシステムを構築しました。超小型震源装置は、その振動エネルギーは微弱でも、連続的に信号(振動)を発振し、それらを足し合わせることで信号のエネルギーを増大させ、信号を遠地まで伝達させることができます。震源部に4cmのモータを用いた場合には、1km程度離れた地点にもモニタリング信号が伝達することがわかりました。つまり、CO₂を貯留する地層(深度1km程度)をモニタリングできると考えられます。これまでのモニタリングでは大きさ数mの大型震源装置が利用されていましたが、連続的に貯留CO₂をモニタリングすることはコストの面で現実的ではありませんでした。
 今回開発した超小型震源装置を定常的に設置すれば、連続的かつ安価にCO₂貯留層をモニタリングでき、CO₂の漏洩につながるような急なCO₂の移動も検出できると考えられます。
 本研究成果は、2022年9月14日に米国地震学会の「Seismological Research Letters」に掲載されました。

詳細

九州大学プレスリリースをご参照ください。

アリの音声コミュニケーション研究が開く持続可能な社会(第66回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

迷チョウのルーツを初めて科学的に解明

関連記事

  1. 持続可能な開発目標(SDGs)の新たな経済成長の…

    -インフラ、環境、健康、教育の政策立案に貢献-今回、九州大学大学院工…

  2. 材料の界面歪みとプロトン伝導度を関連づける定量モ…

    ~世界初!プロトン伝導性セラミックス燃料電池のさらなる高性能化へ期待~…

  3. エネルギーに関連する社会公平性の国際比較評価フレ…

    ~日本の社会公平性レベルはどれくらい?~ポイント・エネルギーに関…

  4. 令和4年度第1回I²CNER Webinar

    令和4年度第1回I²CNER Webinarカーボンニュートラル・エ…

  5. 東南アジアにおける持続可能なエネルギーの追求:国…

    九州大学エネルギー研究教育機構准教授  Robert Lindner…

  6. 重金属を用いずに可視光を紫外光へと高効率変換する…

    ~低コスト・持続可能な紫外光生成によるクリーンエネルギー創出・環境浄化~…

  7. 常温常圧の極めて温和な反応条件下で、可視光エネル…

    ~可視光エネルギーを用いて窒素ガスをアンモニアへと変換~ポイント…

  8. 九州大学COI持続的共進化地域創成拠点シンポジウ…

    九州大学COI持続的共進化地域創成拠点シンポジウムー最終成果報告会ー…

PAGE TOP