menu

COVID-19 and East Asian Responses

法学研究院政治学部門
准教授 大賀 哲

このイベントでは、日本・韓国・フィリピン・タイの研究者が各国における新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の現状分析を行い、その上で各国の政策対応とその効果を実証的に分析することを目的にしています。各報告は、各国における現状分析―政策対応―実効性の検証という時系列分析と、現状分析/政策対応/実効性をアジア地域の各国で比較するという比較分析から構成されています。また、地域協力の可能性や他地域とのグローバルな比較研究の視点も組み込まれています。とくに東アジアの場合は、テクノロジーを利用したCOVID-19の封じ込めという側面が顕著な特徴として考えられます。そこで政策とテクノロジーの融合という観点から東アジア各国の現状と政策を比較し、感染症対策を議論することで、感染症対策の東アジア・モデルの可能性を探っていきたいと考えています。

昨年の様子
昨年の様子

イベントに関するURL

http://aspos.web.fc2.com/jointconference.html
ポスター

チームメンバー

Asia Center, Seoul National University
Research Professor Suk-Ki Kong

共同実施機関

ソウル大学アジア・センター

問い合わせ先

[Contact] 大賀 哲
[Telephone] 092-802-5319
[E-mail] toga★law.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

第17回(令和2年度)芸工祭の開催について

Virtual Graduate Study Week in KU

関連記事

  1. 「若手科学者がリードする「アカデミー」活動~科学…

    工学研究院 応用化学部門准教授 岸村 顕広九州大学アジア・オセア…

  2. Global Goals Jam Trans-l…

    Global Goals Jam Trans-local: Japan 20…

  3. Virtual Graduate Study W…

    国際部留学課課長 松川 耕三"Virtual Graduate…

  4. 新型コロナウイルス感染者隔離を終了するのはいつが…

    〜 数理モデルに基づいた隔離戦略の提案 〜ポイント・いまだ感染性…

  5. 第12回グローバルヤングアカデミー総会・学会

    感性と理性のリバランス:包括性と持続性に向けた科学の再生科学・技術の…

  6. 令和4年度農学部附属演習林北海道演習林 公開講座…

    「野外セミナー・十勝の森と樹木」…

  7. 【作品募集】2022アジアデジタルアート大賞展 …

    【作品募集】2022アジアデジタルアート大賞展 FUKUOKA『アジアデ…

  8. ステロイド関連大腿骨頭壊死症の発生に関わる遺伝子…

    ~病態解明の突破口に~  理化学研究所(理研)生命医科学研究センタ…

PAGE TOP