menu

C 型肝炎で起こる腸内環境の乱れの原因を解明

~C 型肝炎ウイルスの感染は胆汁酸代謝遺伝子発現に異常を起こす~

ポイント

・本研究グループは、以前の検討で、病期の異なる C 型肝炎患者さんの腸内フローラを解析し、その特徴と体への影響について報告しました。C 型肝炎では、病初期からすでに腸内フローラに変化が見られ、病期の進行につれて腸内フローラの乱れ(dysbiosis、注 1)が悪化し、ウレアーゼ(注 2)遺伝子を持つレンサ球菌が増加していました(Inoue T, Nakayama J and Tanaka Y et al. 2018. Clin Infect Dis)。
・今回の研究では、健康な人と C 型肝炎患者さんの便に含まれる胆汁酸(注 3)のバランスを比較しました。C 型肝炎では胆汁酸のバランスも病初期から変化し、胆汁酸の一種・デオキシコール酸が減少していました。この特徴も病期の進行につれて顕著となりましたが、すでに解析が進んでいる非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)(注 4)とは逆(NASH ではデオキシコール酸が増加)の結果でした。
・さらに C 型肝炎患者さんの肝臓での胆汁酸代謝酵素発現量を調べたところ、健康な人や NASH患者さんとは大きな違いが見られました。
・以上のことから、C 型肝炎では肝臓での胆汁酸代謝酵素の発現異常が原因となり、腸内環境の乱れが起きていると考えられます。

概要

 熊本大学大学院生命科学研究部の田中靖人教授、名古屋市立大学大学院医学研究科の井上貴子講師、九州大学大学院農学研究院の中山二郎教授らの研究チームは、C 型肝炎で起こる腸内環境の乱れをより詳細に調べるため、代謝物の一種・便中胆汁酸のバランスを解析し、その特徴を調べました。 C 型肝炎では腸内フローラ同様に胆汁酸のバランスも病初期から変化し、胆汁酸の一種であるデオキシコール酸が減少していました。また、肝臓での胆汁酸代謝酵素の発現量を調べたところ、C 型肝炎では健常状態や NASH とは大きな差が見られました。以上のことから、C 型肝炎では肝臓での胆汁酸代謝酵素の発現異常が原因となり、腸内フローラの異常や便中胆汁酸のバランス異常など腸内環境の乱れが生じていると考えられます。これらの結果は、C 型肝炎悪化のメカニズムや病態の解明、新薬の開発に道を開く可能性を示しています。本研究の成果は肝臓病学専門雑誌「Liver International(リバー・インターナショナル)」電子版(世界標準時 9 月 5 日付)に公開されます。

用語解説

(1) 腸内フローラの乱れ(dysbiosis)
フローラを構成する細菌種の異常で、細菌種多様性の減少(単純化)や、少ないはずの細菌種の異常な増加、多いはずの細菌種の減少などを指す。
(2) ウレアーゼ
尿素を加水分解して、アンモニアと二酸化炭素を作り出す酵素のこと。
(3)胆汁酸
コレステロールの代謝物であり、殺菌作用や代謝調節機能を持つ。肝臓を出て、十二指腸に流れ出て、腸管から再吸収され、再び肝臓に戻ってくるサイクル(腸肝循環)を起こす物質のひとつである。ヒトの便中に見られる主な胆汁酸として、コール酸・ケノデオキシコール酸・デオキシコール酸・リトコール酸・ウルソデオキシコール酸の5種類が知られている。
(4)非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)
アルコール摂取やウイルス感染のような原因がないにもかかわらず、肝臓に脂肪沈着・炎症・線維化といった変化を生じる疾患のこと。

詳細

こちらをご参照ください。

令和3年度第3回I²CNER Webinar

「都市と大学のデザイン」(第21回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

関連記事

  1. 国内絶滅と思われていた水生昆虫、56年ぶりに再発…

    〜 標本の3Dモデルをオンライン公開 〜 日本を含めモンスーンアジア…

  2. 発達期の麻酔薬曝露による学習・記憶障害誘導のメカ…

    〜複数回麻酔薬曝露による認知機能障害改善に期待〜概要 九州大学大…

  3. SDGs Design Internationa…

    芸術工学研究院 デザインストラテジー教授 井上 滋樹九州大学大学…

  4. 大学院マス・フォア・イノベーション連係学府設置記…

    大学院マス・フォア・イノベーション連係学府設置記念式典・シンポジウム…

  5. 【台風11号による延期開催】令和4年 第3回市民…

    【台風11号による延期開催】「健康食を沖縄に学ぶ」九州大学 大学院農…

  6. 非典型的開始コドンからの翻訳開始機構を解明

    -がん等の治療法開発に期待- 九州大学生体防御医学研究所の中山 敬一…

  7. ムキムキを目指すだけが筋トレではない。

    筋トレで死亡・疾病リスクが減少 週30~60分を目安にポイント・…

  8. 九州大学応用力学研究所が大手企業4社と洋上風力に…

    ~研究所発の数値風況予測技術で風車ウエイク研究をさらに加速~ 日本の…

PAGE TOP