menu

膵臓部分切除術後の糖尿病発症に関与する因子の解明

~腸内環境と膵臓内分泌細胞の可塑性の重要性~

 糖尿病は、膵臓のβ細胞に由来するインスリンの不足や作用低下による慢性的な高血糖に特徴付けられる症候群であり、日本では糖尿病が強く疑われる者あるいは糖尿病の可能性が否定できない者が約2000万人いると推計されています。一方、膵臓部分切除術は、膵癌を含む腫瘍病変に対して施行されますが、腫瘍の発生部位により、手術術式は膵頭十二指腸切除術(PD)と膵体尾部切除術(DP)に大別されます。
 九州大学大学院医学研究院の小川佳宏教授らの研究グループ(※)は、膵臓部分切除術前後の詳細な耐糖能の経時変化の解析により、いずれの術式も膵臓を半分程度切除するにもかかわらず、PDではDPと比較して術後5年間の糖尿病の累積発症率が著しく低い値であることを見出しました。PDでは、近位小腸のバイパス手術により術後6ヶ月の腸内細菌叢の様相が著しく変化し、糞便中の短鎖脂肪酸と小腸のL細胞に由来するインクレチンGLP-1分泌の増加に伴ってインスリン分泌が増加して糖尿病発症に抑制的に作用することが示唆されました。一方、DPでは、術後5年間に約60%が糖尿病を発症しますが、切除膵臓の病理組織学的解析により、細胞の可塑性のマーカーであるALDH1A3の発現増加を伴う膵島の腫大(膵臓β細胞面積の増大)が糖尿病発症に関連することが明らかになりました。
 本研究結果で、術式により膵臓部分切除術後の糖尿病発症が異なることが明らかとなり、膵臓部分切除術後の糖尿病の発症予測とともに、糖尿病発症における腸内環境と膵内分泌細胞の可塑性の病態生理的意義が臨床的に証明されました。本研究成果は、膵臓部分切除術後のみならず通常の2型糖尿病の発症機構の理解にも新しい洞察をもたらすものです。

※研究グループ
・九州大学大学院医学研究院
 病態制御内科学(第三内科) 教授 小川佳宏
・国立国際医療研究センター研究所
 糖尿病情報センター 室長 坊内良太郎
・東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
 分子内分泌代謝学分野(糖尿病・内分泌・代謝内科) 教授 山田哲也、大学院生 福田達也、大学院生 竹内崇人
 肝胆膵外科 教授 田邉 稔、准教授 工藤 篤
 分子腫瘍学分野 教授 田中真二
 病理部 准教授 明石 巧
・山口大学
 大学院医学系研究科病態制御内科学講座 教授 谷澤幸生
 医学部附属病院糖尿病・内分泌内科(第三内科) 講師 田部勝也
 医学部分子代謝制御学講座 助教 椎木幾久子
・森永乳業研究本部基礎研究所
 腸内フローラ研究グループ グループ長 小田巻俊孝
・東京農工大学大学院農学研究院
 代謝機能制御学研究室 教授 木村郁夫、特任准教授 五十嵐美樹
・東京大学大学院農学生命科学研究科
 獣医公衆衛生学研究室 教授 平山和宏

詳細

こちらをご参照ください。

世界初!4次元トモグラフィ、プラズマの特異な挙動を観測

新型コロナウィルス感染症とアジアの大学 -熱帯アジアの農林学系大学では、どのように新型コロナウィルス感染症と対峙し克服しようとしているのか?

関連記事

  1. 持続可能な開発目標(SDGs)の新たな経済成長の…

    -インフラ、環境、健康、教育の政策立案に貢献-今回、九州大学大学院工…

  2. 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の細胞…

    -新しいCOVID-19治療薬の開発へ!-※注意※本研究に関する…

  3. 卵子の遺伝子が受精後に働く仕組み解明

    ~不妊・流産の原因解明、治療法開発へ期待~ポイント・卵子の遺伝子…

  4. 宮台真司氏講演会 「絶望の時代の希望の社会学-w…

    宮台真司氏講演会 「絶望の時代の希望の社会学-withコロナの時代をどう生き…

  5. ウイルス排出量のピークが早い!新型コロナウイルス…

    -数理科学を駆使した異分野融合生物学研究の最前線- 九州大学大学院理…

  6. 3つの上皮細胞の間にできる隙間を閉じる仕組みの解…

    ~慢性炎症疾患に対する新たな予防法や治療法に期待~ポイント・皮膚…

  7. 脳ゲノムへの8-オキソグアニンの蓄積を抑えるとア…

    -アルツハイマー病の新たな予防と治療法の開発が可能に- 九州大学生体…

  8. クローバー会 第5回

    知っておきたい乳がんのお話がん患者さんとご家族にがんに関する情報を提…

PAGE TOP