menu

RIAMフォーラム2022

RIAMフォーラム2022
応用力学研究所(RIAM)は、力学とその応用に関する科学的に重要性の高い先端的課題と、現在の人類社会にとっての重要課題である地球環境問題とエネルギー問題に取組んでいます。本研究所では、最近の研究成果や今後の活動計画などに関する情報発信の場として年1回のRIAMフォーラムを開催しており、2022年度は初のハイブリッド開催となります。何卒ご参加の程お願い申し上げます。

ポスター(別タブで開きます)

ポスター画像

対 象  在学生・教職員向け
日 時  2022.07.28 (木) 13:00 ~ 2022.07.29 (金) 12:30
場 所  筑紫キャンパス、キャンパス外
会場名  総合研究棟(C-CUBE)1階 筑紫ホール、Zoom

定 員  先着 85名 ※ 現地35名、オンライン50名程度
参加費  無料

申 込  事前申し込みの必要あり
※下記URL内の参加登録リンクからお申込みください。
https://www.riam.kyushu-u.ac.jp/research/2022/riamforum_2022.html 

イベントの申し込みおよび詳細

こちらをご参照ください。

ジャン・モネ・セミナーシリーズ「駐日欧州連合代表部ハイツェ・ジーメルス臨時代理大使 講演会『日EU関係』」

「祭りと病- 時代祭の誕生」(第56回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

関連記事

  1. 超重元素の初めての精密質量測定に成功

    〜 新元素の新しい原子番号決定法の証明 〜ポイント・初の超重元素…

  2. 【申込期間延長‼】人工知能がもたらす九州の未来社…

    【申込期間延長‼】人工知能がもたらす九州の未来社会研究室では最先端の…

  3. 人社系協働研究・教育コモンズ オムニバスセッショ…

    人社系協働研究・教育コモンズ オムニバスセッション『知の形成史』第1回…

  4. グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市が…

     本学グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市は、同センターが…

  5. 有機分子の動的立体化学挙動を自動分析するマイクロ…

    有機分子の動的立体化学挙動を自動分析するマイクロフローシステムを開発…

  6. 「はやぶさ2」初期分析チーム 2021年6月より…

    「はやぶさ2」初期分析チーム 2021年6月より試料の分析開始ポイン…

  7. 光を一方向に進む表面波に変える人工ナノ構造の実証…

    ~トポロジカル絶縁体の理論を応用したナノ光制御~ 私たちの日常生活に…

  8. 世界最高エネルギーの衝突型加速器 LHC にてニ…

    ~ニュートリノ実験の新しい視点~  ニュートリノ(※1)は、極端に…

PAGE TOP