SDGs推進本部より
九州大学総長
石橋達朗
現在,人類は気候変動,食料問題,経済格差など,解決すべき様々な課題に直面しています.そうした中で,2015年に国連サミットでSDGs: Sustainable Development Goals 「持続可能な開発目標」が策定され,様々な社会課題の解決に向けて,2030年までに達成すべき世界共通の目標が明確化されました.国連は2020年からの10年間をSDGs達成の取り組みを加速させていく「行動の10年」とし,持続可能な社会の実現に向けた取り組みのスピードを速めていくことを呼びかけています.
九州大学総長補佐・主幹教授  馬奈木俊介
九州大学は,「人類の持続可能な開発」に貢献することを目標として掲げています.人類の持続可能な開発のためには,以下の3つの要件が必要になります. ① 将来の世代のニーズを充足する能力を損なうことなしに、今日の世代のニーズを満たしうるような発展(「快適未来社会」に相当)を進める. ② 2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロ目標へ向かわせる(「脱炭素社会」に相当). ③ 健康かつ安心な社会を担保する(「健康安心社会」に相当). これらを要約すると,資源環境制約のもとで,人類の生活の質を担保し,現在と将来世代のウェルビーイングを向上する社会へ向かうことが必要である,といえます.
ピックアップ
2
MAY

豊かな心を育むSDGsへの取り組み、 おとなも、こどもも、糸島でつながろう。 地球の未来を考える。

本学の芸術工学研究院SGDsデザインユニットが後援となり、「豊かな心を育むSDGsへの取り組み、おとなも、こどもも、糸島でつながろう。 地球の未来を考える。」 が、2021.5.2 (日) 18:00 – 20:00 、糸島市芥屋海水浴場にて開催されます。

26
MAY

九州大学人社系協働研究・教育コモンズ第9弾シンポジウム「新型コロナウィルス感染症とSDGs」

2015 年 9 月に国連において社会・環境・経済分野における課題に対して 17 の目標と169 のターゲットで構成される持続可能な開発目標(SDGs)が採択されました。

14
APR

SDGs Design International Awards 2020報告書

九州大学大学院芸術工学研究院SGDsデザインユニットと九州大学未来デザイン学センターは、2019年よりSDGs Design International Awardsを開催しています。

22
MAR

Collaborative Studies of Social Issues on Good Health and Well-being in Asia

台北医科大学(以下、TMU)は台湾のトップレベルの私立医科大学であり、すでに本学と大学間交流協定を締結している。

11
MAR

国際シンポジウム 「アジアからの高大接続–国際アドミッションにおける 日本式教育と予備教育」

海外との高大接続を設計していくとは如何なることなのか、こうした問いに、教育学は如何に応答していくべきなのか、本シンポジウムの開催目的はまさにここにある。

3
MAR

日・越における農学を礎とした交流の次世代への継承へ向けて

近年、大学や研究組織あるいは研究者個々人は、Times Higher Education, QS, Scopusなどの様々なランキングシステムにより評価される時代になりました。

Copyright © Kyushu University. All rights reserved.