ホーム

取り組み事例

14.海の豊かさを守ろう

14.海の豊かさを守ろう

九州大学では,海洋・海洋資源を保全し,海の持続可能性を実現するための研究が日々行われています.

海洋におけるマイクロプラスチック汚染問題に関して,マイクロプラスチックの監視と浮遊モデルのシミュレーション研究を行っています.

また,デザインの観点からSDGsの達成を目指しており,美しい海の豊かさを守るためのデザインを取り上げ,様々なアプローチから海の豊かさを守る取り組みが進められています.

14

さまざまな評価指標
Copyright © Kyushu University. All rights reserved.