menu

環境疫学研究によるPM2.5と妊娠糖尿病との関連性についての知見

~PM2.5 と妊娠糖尿病との関連性~

ポイント

・日本の妊婦集団を対象とする疫学研究でPM2.5と妊娠糖尿病との関連性を示した。
・妊娠の時期に分けて検討したところ、初期におけるPM2.5濃度が影響していた。
・日本では初めての研究成果であり、PM2.5の健康影響に関する新しい知見を追加した。

概要

 東邦大学、九州大学、国立環境研究所、東京都環境科学研究所による研究グループは、近年糖尿病の危険因子である可能性が指摘されている大気汚染物質の一つである微小粒子状物質PM 2.5 )が、妊娠糖尿病とも関連している可能性を報告しました。国際的には相対的に高い濃度の PM 2.5 が妊娠糖尿病を増やすという 報告はありましたが、日本の妊婦集団を対象とした疫学研究としては初めての 研究 成果になります。本研究は我が国における PM 2.5 の健康影響について、新しい知見を追加するものです。
 この成果は2022 年 9 月 26 日に 日本医師会が発行する医学専門誌 “JMA にて発表されました。

用語解説

(注 1) 妊娠糖尿病
「今まで糖尿病と言われた事がないにも関わらず、妊娠中に初めて指摘された糖代謝異常で糖尿病の診断基準をみたさない」ものと定義されます。
日本内分泌学会による一般の方向けの情報:http://www.j-endo.jp/modules/patient/index.php?content_id=94
妊娠糖尿病の診断を受けた女性は、診断を受けていない方と比べて、その後、生活習慣病の 1 つである糖尿病になりやすいと言われています。

詳細

詳細はプレスリリースをご参照ください。

福岡アジア文化賞歴代受賞者学術交流事業:アジアを海から考える

RNA上の”U”を”C”に書き換える技術を開発

関連記事

  1. 脂肪細胞の表面にある受容体シグナルが脂肪分解を促…

    脂肪細胞の表面にある受容体シグナルが脂肪分解を促すことを発見! GP…

  2. 悪性リンパ腫の臨床予後を規定する免疫微小環境を同…

    ~新たな予後予測モデルの構築へ~ 悪性リンパ腫は血液がんの一種であり…

  3. 遺伝子の活性化をリアルタイムで検出する技術 「S…

    ~生物の発生や分化、様々な疾患発症機構の解明などに役立つことが期待されます~…

  4. 「世界環境の日」ホスト国のSDGs「新国富(IW…

    「新国富指標」1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連…

  5. 「九州大学学術研究都市」セミナーin東京2021…

    「九州大学学術研究都市」セミナーin東京2021本セミナーは、世界的…

  6. 触っただけで痛みがでるのはなぜ?

    ―厄介な痛みに重要な神経細胞を特定―概要 がんや糖尿病、帯状…

  7. 【2022年3月12日(土)】市民公開講座

    ~総排泄腔疾患ってどんな病気?~「総排泄腔疾患」という先天性難治性稀…

  8. 脳の疾患と免疫応答(第63回 Q-AOS Bro…

    生体防御医学研究所准教授 伊藤 美菜子九州大学アジア・オセアニア…

PAGE TOP