menu

日・越における農学を礎とした交流の次世代への継承へ向けて

熱帯農学研究センター 国際開発部門
助教 尾﨑 彰則

近年、大学や研究組織あるいは研究者個々人は、Times Higher Education, QS, Scopusなどの様々なランキングシステムにより評価される時代になりました。これらのランキングシステムでは、評価指標の一つとして「国際性」を重要視しており、国際共同研究の件数や国際共著論文数など「国際間の共同連携に伴う実績数」が数値情報として扱われています。このことから、今後、組織あるいは研究者自身の評価向上を目指すにあたり、海外研究機関との国際共同研究への取り組みが重要になってくると考えられます。
九州大学農学研究院と熱帯農学研究センターでは、これまでに数多くの国際共同活動に取り組むとともに、積極的に留学生を受け入れてきました。特に、ベトナムとの共同実績は長く、多くの卒業生を輩出するとともに、現在も多くの国際共同研究を実施していることから、ベトナムとの共同で得た経験・知見が、国際共同研究の企画・立案・実施への礎になると期待されます。
今回企画するウェビナーでは、これまでの九州大学農学研究院・熱帯農学研究センターとベトナムの大学・研究組織との共同実績を振り返るとともに、将来的な国際共同研究の立ち上げに向けたディスカッションを行うことにより、研究組織と研究者が「国際性」の向上するための戦略・アイディアなどを提供したいと考えます。


国際共同プロジェクトでのイネ栽培方法の現地農家への解説


ベトナム国立農業大学での共同研究分析

イベントに関するURL

イベントチラシ(別タブで開きます)

チームメンバー

  • 熱帯農学研究センター, センター長/教授, 緒方 一夫
  • 熱帯農学研究センター, 准教授, 百村 帝彦

共同実施機関等

共同実施機関
ベトナム国立農業大学,トゥイロイ大学,ベトナム農業遺伝学研究所
後援
在福岡ベトナム領事館

問合せ先

[Contact] 尾﨑 彰則
[Tell] 092-802-4835
[E-mail] ita-lab★agr.kyushu-u.ac.jp
※★を@に変えてください。

九大フィル第206回定期演奏会のお知らせ

月面の砂でも見つけた!金属鉄のひげ状結晶

関連記事

  1. 株式会社ニチリウ永瀬のプレスリリースに掲載されま…

    スマート農業で離農を防ぐ!九州大学大学院農学研究院は株式会社ニチリウ…

  2. 第四回 台湾事情【疫病と台湾: 今/昔】/Tai…

    第四回 台湾事情【疫病と台湾: 今/昔】/Taiwan Today 【Epi…

  3. 耳標に貼り付けたセンサから牛をセンシングする技術…

    耳標に貼り付けたセンサから牛をセンシングする技術を開発 九州大学農学…

  4. 「ライフマッププロジェクト:超高齢化社会における…

    芸術工学研究院教授 平井 康之九州大学アジア・オセアニア研究教育…

  5. 第五回台湾事情:「多角的に見る台湾アイデンティテ…

    第五回台湾事情:「多角的に見る台湾アイデンティティ」1月22日(土)…

  6. 新型コロナウイルス感染者隔離を終了するのはいつが…

    〜 数理モデルに基づいた隔離戦略の提案 〜ポイント・いまだ感染性…

  7. 第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会

    第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会有機光エレクトロニクス技術…

  8. アラブ首長国連邦(UAE)の高校生が本学へ短期留…

    アラブ首長国連邦(UAE)の高校生が本学へ短期留学! 九州大学は、2…

PAGE TOP