menu

第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会

第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会
有機光エレクトロニクス技術は、ディスプレイに留まらない、新たな応用展開が期待されています。
第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会では、「有機光エレクトロニクスの次世代技術と市場動向」をテーマに、最新の研究活動やOLED市場動向に関するセミナーを開催します。皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時:2022.03.02 (水) 13:00 ~ 16:00
開催場所:キャンパス外 ※オンライン配信(Zoomウェビナー使用)
定 員:なし
参加費:無料

チラシ(別タブで開きます)

ポスター画像

イベント詳細

●プログラム
(1)開会の挨拶
(2)基調講演
① 「OLED最前線と今後の展望」
-動作機構の解明から進展する分子設計とデバイス性能の向上へ-
講 師:安達 千波矢 九州大学主幹教授
最先端有機光エレクトロニクス研究センター センター長
②「OLED市場の最新動向」
講 師:田村 喜男 DSCC共同創業者兼アジア代表
(3)福岡県補助事業成果紹介
「有機半導体レーザーとその事業化」
発表者:株式会社KOALA Tech
(4)関係機関紹介
福岡市 経済観光文化局 産学連携課 他
(5)閉会の挨拶
主催:福岡県、福岡市、九州大学最先端有機光エレクトロニクス研究センター、
(公財)福岡県産業・科学技術振興財団、(公財)九州先端科学技術研究所
共催:(公財)九州大学学術研究都市推進機構(OPACK)、有機EL討論会

お申込

※事前登録をお願いします。
ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。
事前登録フォームのアドレス:https://strm.tokyo/i3-opera/

お問い合わせ

担当:安達 千波矢
電話:092-802-6920
FAX:092-802-6921
Mail:adachi★cstf.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

九州大学ホームページもあわせてご参照ください。

「PM2.5による気候変動」(第40回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

赤道大西洋東部で発生した異常に強い昇温現象の原因を明らかに

関連記事

  1. 光を一方向に進む表面波に変える人工ナノ構造の実証…

    ~トポロジカル絶縁体の理論を応用したナノ光制御~ 私たちの日常生活に…

  2. 【申込期間延長‼】人工知能がもたらす九州の未来社…

    【申込期間延長‼】人工知能がもたらす九州の未来社会研究室では最先端の…

  3. 九州大学EUセンター(JMCoE-Q)市民講座2…

    「SDGsに向けたEUと日本の取り組み」<全4回>国連が2015年に…

  4. 人社系協働研究・教育コモンズ オムニバスセッショ…

    人社系協働研究・教育コモンズ オムニバスセッション『知の形成史』第1回…

  5. トカラ海峡の岩礁で生じる強力な混合と黒潮の肥沃化…

    〜世界最大級の乱流混合・栄養塩供給のメカニズムを捉えた〜 最新の計測…

  6. 国内絶滅と思われていた水生昆虫、56年ぶりに再発…

    〜 標本の3Dモデルをオンライン公開 〜 日本を含めモンスーンアジア…

  7. グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市が…

     本学グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市は、同センターが…

  8. ヘテロナノグラフェン構造を用いた高効率・狭帯域青…

    〜 有機EL材料への実用化を目指す 〜 茨城大学の吾郷友宏准教授、九…

PAGE TOP