menu

ポータブルヘルスクリニック・アジア地域におけるウィズ/ポスト・コロナ時代に必要なオンラインヘルスケアと遠隔医療

持続可能な社会のための決断科学センター
講師 横田 文彦

ポータブル・ヘルスクリニック(PHC)とは九州大学とバングラディッシュ・グラミングループが共同開発した遠隔予防医療サービスシステムである。代表者らは過去5年間においてこのPHCの実証研究をアジア各国で実施している。今回のオンラインウェビナーではこのPHCやPHCと似た遠隔予防医療システムの共同研究を実施しているインドネシア・ガジャマダ大学、マレーシア大学サバ校、中国貴州省疾病予防センターと合同セミナーを実施し、アジア地域におけるウィズ/ポスト・コロナ時代に必要なオンラインヘルスケアと遠隔医療の研究活動の最新状況を共有する。中国においては5G、AI、VRを使った遠隔予防医療システム、インドネシアやマレーシアでは地域住民宅への訪問・在宅予防医療サービスから遠隔医師へのオンライン相談・診療を実施している。コロナによる長期自粛状態から多くの住民のうつや精神疾患へのサービスを含めた遠隔医療を紹介する。

figure_1
Figure 1: Portable Health Clinic Box, Online Remote Patient, and Health Checkup Results with Four Color Codes
figure_2
Figure 2: PHC Collaborative Partners in Asia
In this session, presenters are from China, Indonesia, Malaysia, and Japan (Bolded)

イベントに関するチラシ

 ここをクリック

問い合わせ先

[Contact] 横田 文彦
[Tell] 092-802-6057
[E-mail] yokota.fumihiko.785★m.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

中性子寿命の謎、解明に向けた新実験が始動

ミトコンドリア翻訳機能がリソソーム活性を制御する新機構を発見

関連記事

  1. 超高層大気分野のデータ駆動型科学を支えるウェブサ…

    ~登録データセット数1200超 すでに180以上の研究成果に貢献~概…

  2. 重力の実在性の破れを検証する方法を提案

    ~量子重力への新しいアプローチ~ポイント・物理学最大の未解決問題…

  3. 6th International TADF W…

    6th International TADF Workshop第三世…

  4. グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市が…

     本学グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市は、同センターが…

  5. 歯科インプラント治療の現状と未来(第67回 Q-…

    歯学研究院 口腔機能修復学講座教授 鮎川 保則九州大学アジア・オ…

  6. 重い電子状態の形成・成長過程の直接観測に希土類化…

    ~近藤効果の温度変化を視る点接合分光法を確立~概要 九州大学大学…

  7. 植物が幹細胞を永続的に維持できる新しいしくみ

    〜転写因子ファミリー内の競合関係〜ポイント・多数の大規模遺伝子発…

  8. JST-RISTEX「人とシステムの協働による海…

    JST-RISTEX「人とシステムの協働による海岸清掃共創シナリオの構築」研…

PAGE TOP