menu

哺乳類の多様で複雑な臼歯は単純な原理から生じる

~草食は縞模様、肉食は水玉模様~

ポイント

・数理モデルを用いてマウスの上顎、下顎臼歯の形成パターンを再現しました。
・上下顎の臼歯の形態形成をシミュレートし、ストライプ(縞)模様のモデルでは上顎臼歯が、スポット(水玉)模様のモデルでは下顎臼歯がうまく形成されることを示しました。
・哺乳類の様々な臼歯の形は、形態形成メカニズムにおけるスポット模様とストライプ模様の柔軟な切り替えにより可能となり、食性の多様化(草食・肉食に特化した動物の出現)につながったことが示唆されます。

概要

 独立行政法人国立科学博物館(館長:篠田謙一)の森田航研究員(人類研究部人類史研究グループ)、九州大学の三浦岳教授らからなる研究グループは、マウスの上顎と下顎の臼歯の形成パターンが、それぞれストライプ(縞)模様、スポット(水玉)模様を生み出す数理モデルにより再現できることを示しました。進化の過程で草食や肉食に特化したものが生まれ、哺乳類の食性が多様化していったこととの関連が示唆されます。本研究成果は2022年6月14日に国際科学誌「Scientific Reports」に掲載されました。

詳細

九州大学プレスリリースをご参照ください。

令和4年度農学部附属演習林北海道演習林 公開講座のお知らせ

「九州大学における異分野融合交流及び 成功事例」(第54回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

関連記事

  1. 発達期の麻酔薬曝露による学習・記憶障害誘導のメカ…

    〜複数回麻酔薬曝露による認知機能障害改善に期待〜概要 九州大学大…

  2. SDGs Design Internationa…

    芸術工学研究院 デザインストラテジー教授 井上 滋樹九州大学大学…

  3. 腸管再生やがん化に重要な新たな幹細胞の発見

    ~がんの新規治療開発や再生医療への応用に期待~ポイント・高度な組…

  4. 非典型的開始コドンからの翻訳開始機構を解明

    -がん等の治療法開発に期待- 九州大学生体防御医学研究所の中山 敬一…

  5. 2種類の小さなタンパク質が精子ミトコンドリアの形…

    ~男性不妊のメカニズムの一端を解明~ポイント・近年、長鎖ノンコー…

  6. 九州大学応用力学研究所が大手企業4社と洋上風力に…

    ~研究所発の数値風況予測技術で風車ウエイク研究をさらに加速~ 日本の…

  7. 糖飢餓状態の悪性脳腫瘍 ミトコンドリア翻訳阻害薬…

    〜世界初、新しいアプローチによる脳腫瘍治療開発に期待〜ポイント・…

  8. 遺伝性疾患の原因となる変異を新たに約4,000個…

    ~希少疾患の診断率向上や創薬に期待~ポイント・遺伝性疾患にはまだ…

PAGE TOP