menu

ムーンショット型研究開発事業に山西陽子教授(工学研究院)のプロジェクトが新規採択

ムーンショット型研究開発事業に山西陽子教授(工学研究院)のプロジェクトが新規採択

ムーンショット型研究開発事業(目標1、3、6)の研究開発プロジェクトの推進責任者となるプロジェクトマネージャー(PM)が公募をされ、42名の応募者の中からこの度16名が採択されました。

本学から工学研究院の山西陽子教授がムーンショット目標1(※)のPMに決定されました。

■プロジェクトマネージャー
山西 陽子 九州大学 大学院工学研究院 教授

■研究開発プロジェクト名
「ナノ・マイクロバイオアバターが拡張するバイオ秩序の共創フロンティア」

(※)ムーンショット目標1
「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」

ムーンショット型研究開発事業は、超高齢化社会や地球温暖化問題など重要な社会課題に対し、人々を魅了する野心的な目標(ムーンショット目標)を国が設定し、挑戦的研究開発を推進すべき分野・領域などとして文部科学省により定められた研究開発構想に基づき、研究開発を推進するものです。

ムーンショット目標に関する研究開発全体の責任者であるプログラムディレクター(PD)の下、プロジェクトマネージャー(PM)は、ムーンショット目標達成および研究開発構想実現に至るシナリオの策定、研究開発プロジェクトの設計、研究開発体制の構築、研究開発プロジェクトの実施管理などを行います。

ムーンショット目標1、3、6については、令和2年度より研究開発が進められており、各目標の達成のため、既存の研究開発プロジェクトに加えて新たに必要となる研究開発プロジェクトを推進することとなっております。

詳細

詳細はムーンショット型研究開発事業のHPをご参照ください。

【オンライン】長月ランチタイム交流会「防災のダイバーシティを考える」

九州大学アジア・オセアニア研究教育機構「糸島農業と循環経済」ワークショップ

関連記事

  1. 【観覧者募集(9/27 募集締切)】“KU VI…

    【観覧者募集(9/27 募集締切)】“KU VISION PITCH 202…

  2. SDGs達成に向けた取組み推進と大学の未来を考え…

    国連大学SDG大学連携プラットフォーム公開シンポジウム視聴参加登録受付中…

  3. オムニバスセッション「知の形成史」#3 食資源…

    オムニバスセッション「知の形成史」#3 食資源としての昆虫〜昆虫の新たな価値…

  4. スルフォラファンが炎症誘導性の受容体タンパク質を…

    ~大腸炎など炎症性腸疾患(IBD)の予防・治療に期待~ポイント1…

  5. 人工嗅覚センサを介した呼気センシングによる個人認…

    ―化学情報による偽造できない生体認証技術実現へ期待―ポイント…

  6. 「未来共創リーダー育成プログラム」プログラム説明…

    「未来共創リーダー育成プログラム」プログラム説明会について未来共創リ…

  7. ジャン・モネ・セミナーシリーズ「駐日欧州連合代表…

    ジャン・モネ・セミナーシリーズ「駐日欧州連合代表部ハイツェ・ジーメルス臨時代…

  8. 機械学習による世界最速の三次元電子顕微鏡ナノイメ…

    機械学習による世界最速の三次元電子顕微鏡ナノイメージング 私たちの日…

PAGE TOP