menu

逃避する動物が見せる目立つ行動、その性差を生じる要因とは?

逃避する動物が見せる目立つ行動、その性差を生じる要因とは?

 チーターから逃げるトムソンガゼルが4つ足で真上に跳ねるストッティングや、ヒトから逃げるショウリョウバッタが発するキチキチという音など、逃げる時に目立つ行動をする動物は数多く存在します。一見すると捕食者の注目を集めてしまうようにも思われる目立つ逃避は、逃避能力の高さをアピールして追跡をあきらめさせたり、突然目立つ逃避を止めることで目をくらませたりして、被食者の生存に有益な効果をもたらすと考えられています。ただし、目立つ逃避をする動物では、同じ種内でオスとメスで目立つ逃避をする頻度が異なることがこれまでに報告されていました。極端な例として、ショウリョウバッタのキチキチ音はオスのみで観察され、メスでは観察されていませんでした。また、オスが発音せずに逃避する場合も観察されていました。なぜ、目立つ逃避を使用する頻度にこのようなオスとメスの差(性差)が生じているのでしょうか?
 九州大学大学院システム生命科学府の久我立大学院生、大学院芸術工学院の関元秀助教、大学院理学研究院の粕谷英一准教授、佐竹暁子教授は共同研究によって、被食者が目立つ逃避のために進化しうる性差の種類と、その進化に必要な条件を理論的に明らかにしました。目立つ逃避が被食者の生存に有益な効果をもたらすとしても、その行動に要する繁殖上のコストや捕食されやすさに性差がある場合、目立つ逃避の有無に性差が生じました。同じ性内で目立つ逃避をする場合としない場合が生じるのは、ある個体が目立つ逃避をすることでその個体の近くにいる他個体の捕食されやすさも下がる場合でした。本研究は目立つ逃避の性差を生じる条件について初の理論的な枠組みをもたらしており、今後の目立つ逃避の機能を探る実証研究を促進することが期待されます。
 本研究成果は、2021年8月16日に科学雑誌「The American Naturalist」にオンライン速報版で掲載されました。(DOI:10.1086/715745)また、本研究は、日本学術振興会科学研究費(JP19K16242)の支援により行われました。

詳細

九州大学プレスリリースをご参照ください。

2021年度 九州大学病院がんセンター 市民公開講座

「九州大学における数理・データサイエンス・A Iの教育と研究」(第24回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

関連記事

  1. 【申込期間延長‼】人工知能がもたらす九州の未来社…

    【申込期間延長‼】人工知能がもたらす九州の未来社会研究室では最先端の…

  2. 令和4年度数理学研究院、マスフォアインダストリ研…

    令和4年度数理学研究院、マスフォアインダストリ研究所 公開講座「2022年度…

  3. 同期したシステム間の結合を振動時刻データから推定…

    ~事前データ不要で推定を可能に~ポイント1.生物に見られる多様な…

  4. 第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会

    第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会有機光エレクトロニクス技術…

  5. 九州大学共創学部の学生が食料廃棄物から釣り餌をつ…

    ECYCLE PROJECT(エサイクルプロジェクト)昨今頻繁に取り…

  6. 群れをなし,働き始めた分子ロボット

    〜実働するマイクロサイズの分子ロボットを世界に先駆けて開発することに成功〜…

  7. 細胞が基板表面に接着する「瞬間」を高時空間分解能…

    〜ナノサイズの線維状構造体を放射状に出し、細胞が自らを仮留めする〜 …

  8. 地震計データから読み解くコロナ禍による経済・余暇…

    ~地震観測以外の新しい活用~ポイント・地震計データから季節や曜日…

PAGE TOP