menu

天然酵素を高機能酵素に変換することに成功!

〜 菌体成分であるリポ多糖の高感度検出試薬の製品化に期待 〜

 大腸菌などの菌体成分であるリポ多糖(LPS)は、ヒトの傷口から混入すると発熱や致死性ショックを引き起こす危険な物質で内毒素とも呼ばれます。一方、カブトガニの体内にLPSが混入すると、血球に貯蔵されている3種の凝固因子の前駆体(ProC、ProB、ProCE)が分泌されて活性型酵素(C、B、CE)となり、それらの酵素による連鎖反応により血液は凝固します。そのためカブトガニ血球抽出液は、注射薬などの医薬品に混入するLPS検出試薬として利用されています。また、本研究室と(株)生化学工業との共同研究により、凝固因子の天然型組換えタンパク質を応用したLPS検出試薬が製品化されました。今回、九州大学大学院理学研究院の山下啓介助教、柴田俊生助教、大学院システム生命科学府修士課程の竹下侃樹院生(現:<株>生化学工業)、同研究院修士課程2年の在田愛菜院生、川畑俊一郎主幹教授らの研究グループは、(株)生化学工業の小林雄毅研究員との共同研究により、ProBを構成するアミノ酸の1個を他のアミノ酸に置換した組換えタンパク質(ProB-murasame;名刀村雨に因んで命名)の調製に成功しました。解析の結果、活性型B-murasameは天然の活性型Bと比較して約10倍も強く連鎖反応を引き起こすことが判明しました。
 
 今回の研究成果は、生物材料に頼ることなく、高機能組換えタンパク質ProB-murasameを応用した高感度のLPS検出試薬の製品化に寄与することが期待されます。
 本研究成果は、本邦の国際学術誌『The Journal of Biochemistry』のオンライン速報版で2021年5月14日(木)(https://academic.oup.com/jb/advance-article/doi/10.1093/jb/mvab064/6284137?searchresult=1)に掲載されました。

詳細

九州大学プレスリリースをご参照ください。

植物が幹細胞を永続的に維持できる新しいしくみ

国際間における安全で便利な遠隔医療教育の活用の先にあるもの(第8回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

関連記事

  1. 拡大反射・縮小反射・散乱鏡を自在に切り替える鏡の…

    〜 プリントライクな光学計測デバイス製造技術の実現へ向けて 〜 本学…

  2. 発達期の麻酔薬曝露による学習・記憶障害誘導のメカ…

    〜複数回麻酔薬曝露による認知機能障害改善に期待〜概要 九州大学大…

  3. SDGs Design Internationa…

    芸術工学研究院 デザインストラテジー教授 井上 滋樹九州大学大学…

  4. 大学院マス・フォア・イノベーション連係学府設置記…

    大学院マス・フォア・イノベーション連係学府設置記念式典・シンポジウム…

  5. 【台風11号による延期開催】令和4年 第3回市民…

    【台風11号による延期開催】「健康食を沖縄に学ぶ」九州大学 大学院農…

  6. 数理モデルによる臨床試験シミュレータを開発

    〜 感染症に対する標準治療法の早期確立に貢献 〜 九州大学マス・フォ…

  7. ムキムキを目指すだけが筋トレではない。

    筋トレで死亡・疾病リスクが減少 週30~60分を目安にポイント・…

  8. 九州大学応用力学研究所が大手企業4社と洋上風力に…

    ~研究所発の数値風況予測技術で風車ウエイク研究をさらに加速~ 日本の…

PAGE TOP