menu

「はやぶさ2」初期分析チーム 2021年6月より試料の分析開始

「はやぶさ2」初期分析チーム 2021年6月より試料の分析開始

ポイント

・「はやぶさ 2」初期分析チームは 2021 年 6 月より、地球帰還カプセル内部の粒子分析を開始する(一年間)。
・ 初期分析チームには 14 カ国、109 の大学と研究機関、269 名が参加予定である。
・ 初期分析チームは研究対象や手法の異なる 6 つのチームで構成される。

概要

 小惑星探査機「はやぶさ2」(注1)は2020年12月に小惑星リュウグウ(注2)から帰還し、サンプルリターンに成功した。サンプルコンテナの内部の粒子は、本年6月以降、「はやぶさ2」プロジェクト初期分析チームが一年間、分析を行い、プロジェクトの科学目標である太陽系の起源と進化、地球の海や生命の原材料物質に関する成果をあげることをめざす。
 初期分析チームは、化学分析、石の物質分析、砂の物質分析、揮発性成分分析、固体有機物分析、可溶性有機物分析の6つのチームから構成され、14カ国、109の大学と研究機関、269名が参加予定である。

用語解説

(注 1)小惑星探査機「はやぶさ 2」:
日本の小惑星サンプルリターン探査機。2014 年 12 月に打ち上げ、2018 年 6 月に小惑星リュウグウに到着し、約 17 ヶ月の近傍観測期間中に小惑星表面に 2 回の着地に成功した。着地の際に弾丸を発射し、舞い上がった粒子が今回、持ち帰られたと考えられる。2020 年 12 月 6 日に豪州に地球帰還カプセルを着地させ、現在は拡張ミッションとして、小惑星 1998 KY26 に向けて、飛行中である。
(注 2)小惑星リュウグウ:
そろばん玉のような形状をした C 型小惑星。「はやぶさ 2」による探査の結果、元天体が破壊され、その破片が再度集まったような天体であることや表面には含水鉱物(構造中に水を含む鉱物)が存在することが明らかとなった。反射スペクトルの類似性から、始原隕石である炭素質コンドライトとの類似性が指摘されており、帰還試料分析によってその詳細が解明される。

詳細

こちらをご参照ください。

「より良い未来に向けたロハスコンセプト:アジア天然資源を価値あるものとしていかに活用するか  ―薬、機能性食品、アロマ、化粧品、木造住宅―」(第5回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

メタ意思決定:意思決定はどのように行われるかを科学する(第6回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

関連記事

  1. 【学内向け】Online Poster Sess…

    【学内向け】Online Poster Session Part 4 JST…

  2. 九州大学アカデミックフェスティバル2021(We…

    九州大学アカデミックフェスティバル2021(Web)九州大学では例年…

  3. 大学と地場企業が連携できる外国人留学生の就職支援…

    九州国際学生支援協会主催 2022年度第1回シンポジウム九州国際学生…

  4. 光を一方向に進む表面波に変える人工ナノ構造の実証…

    ~トポロジカル絶縁体の理論を応用したナノ光制御~ 私たちの日常生活に…

  5. Al-Ti合金において高温超伝導状態の創出に成功…

    ~機械学習による“探索指針の提案”と“超伝導組織の予測” ~ポイント…

  6. 細胞が基板表面に接着する「瞬間」を高時空間分解能…

    〜ナノサイズの線維状構造体を放射状に出し、細胞が自らを仮留めする〜 …

  7. ジャン・モネ・セミナーシリーズ 「ウクライナにお…

    ジャン・モネ・セミナーシリーズ 「ウクライナにおけるロシアの侵略戦争 -EU…

  8. 【学内向け】医療における国際交流・貢献の現状と未…

    【学内向け】医療における国際交流・貢献の現状と未来医学研究院では、2…

PAGE TOP