menu

AIを壊してより良いものにする

〜 AIが未知の要素をどのように扱うか評価する手法を開発 〜

ポイント

・現在のAIは、画像認識の精度は高いが融通が利かず、その理由は現在も分かっていない
・今回、ニューラルネットワーク(※1)が未知の要素をどのように扱うかを評価する「Raw Zero-Shot」と呼ばれる手法を開発
・今後、この手法が将来のAIのロバスト性(※2)向上に役立つことに期待

概要

 現在のAIは、画像認識の精度は高いですが融通が利きません。しかし、なぜこのようなことが起こるのか、正確には謎のままです。
 今回、九州大学大学院システム情報科学研究院のVASCONCELLOS VARGAS DANILO(ヴァスコンセロス ヴァルガス ダニロ)らの研究グループは、ニューラルネットワークが未知の要素をどのように扱うかを評価する「Raw Zero-Shot」と呼ばれる手法を開発しました。
 この結果は、研究者がニューラルネットワークを堅牢でなくしている共通の特徴を特定し、AIをより信頼性の高いものにする手法を開発するのに役立つ可能性があります。
 本研究成果はアメリカの雑誌「PLOS ONE (2022)」に2022年4月27日(水)に掲載されました。

用語解説

(※1) ニューラルネットワーク
人工ニューラルネットワークのこと。人工ニューロンと呼ばれるユニットやノードの集合体に基づいており、生物の脳のニューロンをモデル化したものです。
(※2) ロバスト性
ロバスト性とは機械学習モデルが騙されないようにする能力のことです。例えばモデルが画像の分類を行うときに、入力の変化を行うことで望んだ分類結果とは異なる結果を得られるような敵対的アルゴリズムが存在しています。

詳細

九州大学プレスリリースをご参照ください。

統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻オンラインイベント「ライブラリーサイエンスを知る」+入試説明会

令和4年度 公開講座「意外な歴史の事実!」

関連記事

  1. 【申込期間延長‼】人工知能がもたらす九州の未来社…

    【申込期間延長‼】人工知能がもたらす九州の未来社会研究室では最先端の…

  2. 令和4年度数理学研究院、マスフォアインダストリ研…

    令和4年度数理学研究院、マスフォアインダストリ研究所 公開講座「2022年度…

  3. 同期したシステム間の結合を振動時刻データから推定…

    ~事前データ不要で推定を可能に~ポイント1.生物に見られる多様な…

  4. 第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会

    第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会有機光エレクトロニクス技術…

  5. 九州大学共創学部の学生が食料廃棄物から釣り餌をつ…

    ECYCLE PROJECT(エサイクルプロジェクト)昨今頻繁に取り…

  6. 群れをなし,働き始めた分子ロボット

    〜実働するマイクロサイズの分子ロボットを世界に先駆けて開発することに成功〜…

  7. 細胞が基板表面に接着する「瞬間」を高時空間分解能…

    〜ナノサイズの線維状構造体を放射状に出し、細胞が自らを仮留めする〜 …

  8. 地震計データから読み解くコロナ禍による経済・余暇…

    ~地震観測以外の新しい活用~ポイント・地震計データから季節や曜日…

PAGE TOP