menu

ひきこもりを特徴づける血液バイオマーカーを発見

〜ひきこもりの栄養療法としての予防法・支援法の開発加速に期待~

ポイント

・血しょうメタボローム解析(注1)によって、ひきこもり者の血中では、健常者よりオルニチンと長鎖アシルカルニチンが増加、及びビリルビンとアルギニンが低下することを発見。
・男性のひきこもり者において、血清アルギナーゼが有意に増加していることを発見。
・血液成分と臨床検査値の情報に基づく機械学習アルゴリズムを作成したところ、ひきこもり者と健常者を高い精度で識別し、また、ひきこもり尺度の重症化予測が可能に。

概要

 社会的ひきこもりは6ヶ月以上自宅にとどまり続ける状態であり、ひきこもり状況にある人(以下、ひきこもり者)は国内110万人を越えると推定され、その予防法・支援・治療法の確立は国家的急務です。九州大学病院では世界初のひきこもり研究外来を立ち上げており、ひきこもりの生物・心理・社会的理解に基づく支援法開発をすすめています。
 今回、日本医療研究開発機構 (AMED)等の支援により、九州大学病院検査部の瀬戸山大樹助教・康東天教授と同病院精神科神経科の加藤隆弘准教授・松島敏夫大学院生・中尾智博教授・神庭重信名誉教授らの研究チームは、ひきこもり者の血液中の代謝物や脂質の測定により、ひきこもりに特徴的な血液バイオマーカーを発見しました。未服薬のひきこもり者(42名)と健常ボランティア(41名)の臨床データおよび血液データ(一般生化学検査値およびメタボローム・リピドーム解析による血中代謝物)を用いて比較検証を行いました。臨床データと血液データをもとに、機械学習モデルを作成し、ひきこもり者と健常ボランティアの識別、ひきこもり重症度予測を行ったところ、長鎖アシルカルニチン濃度がひきこもり者で有意に高く、ビリルビン、アルギニン、オルニチン、血清アルギナーゼが男性ひきこもり者において健常ボランティアと有意差を認めました。ランダムフォレストによる判別モデルを作成したところ、ひきこもり者と健常ボランティアの識別ROC曲線下面積が0.854(機密区間0.648-1.000)と高い性能を示しました。
 ひきこもりは、オックスフォード辞書でも「hikikomori」と表記されており、日本発の社会現象として世界的にも認知されており、コロナウィルスパンデミックに伴って世界中にhikikomori者が急増していると懸念されます。この研究は、日本人のひきこもり者を対象とした客観的指標(血液成分のバイオマーカー)に関する報告です。今後、ひきこもりの生物学的理解がすすみ、栄養療法としての予防法・支援法の開発が期待されます。
 本成果は2022年6月1日(水)に、国際学術誌「Dialogues in Clinical Neuroscience」に掲載されました。

詳細

詳細は九州大学プレスリリースをご参照ください。

ここふるサイエンスカフェVol.2「海の気候変動・温暖化と漁業」開催のお知らせ

「事前冷却が暑熱時の体温調節反応と作業パフォーマンスに及ぼす影響について」(第52回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

関連記事

  1. 全国8地域からなる大規模認知症コホート研究で境界…

    全国8地域からなる大規模認知症コホート研究で境界型糖尿病とアルツハイマー…

  2. 27種類の悪性腫瘍を同時に診断・鑑別可能なDNA…

    27種類の悪性腫瘍を同時に診断・鑑別可能なDNAメチル化パネルの作成に成功…

  3. 水の力でもっと精密にナノ粒子をとらえる!

    ~ナノポアデバイスの開発で高精度な解析の実現へ~ポイント・半導体…

  4. 脳の疾患と免疫応答(第63回 Q-AOS Bro…

    生体防御医学研究所准教授 伊藤 美菜子九州大学アジア・オセアニア…

  5. ステロイド関連大腿骨頭壊死症の発生に関わる遺伝子…

    ~病態解明の突破口に~  理化学研究所(理研)生命医科学研究センタ…

  6. 肺がんの免疫療法に対する新規耐性メカニズムの解明…

    ~がん免疫療法の新たな治療標的の発見~ポイント・TMB が高い肺…

  7. 成功にも失敗にもルールがある

    〜細胞分裂装置の正しい作り方〜概要 我々ヒトを含む真核生物は…

  8. ミトコンドリア内にタンパク質凝集体が生じるメカニ…

    〜疾病治療や老化研究への応用を期待〜 LONP1(※1)はミトコンド…

PAGE TOP