menu

QRECの新しい10年・福岡市や福岡近隣大学と連携した、さらなるアントレプレナーシップ教育とスタートアップエコシステム拠点形成について

QRECの新しい10年・福岡市や福岡近隣大学と連携した、
さらなるアントレプレナーシップ教育とスタートアップエコシステム拠点形成について

2010年12月に設立されたQREC(ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター)は、設立10年が経過しました。現在では、全学に対して30科目超のアントレプレナーシップ関連を提供し、年間の延履修者数は1,300人を超える規模となっており、九大発のイノベーション創出を牽引してきました。

また、福岡では福岡市を中心として民間企業や大学が参画したコンソーシアムが立ち上がり、昨年7月にはスタートアップエコシステム拠点都市の「グローバル拠点都市」として内閣府から選定されたところであり、国の支援も活用しながら、福岡市・民間・大学の連携を深め、アントレプレナーシップ教育を軸に九大発のイノベーション創出を加速します。

詳細

詳細はこちらをご参照ください。

メタ意思決定:意思決定はどのように行われるかを科学する(第6回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

酸素プラズマにより水中に溶存した重金属イオンを沈殿除去する方法を開発

関連記事

  1. 第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会

    第17回有機光エレクトロニクス産業化研究会有機光エレクトロニクス技術…

  2. 「QRECにおける起業家教育 〜SDGsのイノベ…

    経済学研究院教授 高田 仁九州大学アジア・オセアニア研究教育機構…

  3. AIモデルの開発により、たった1回の実験で新規プ…

     ~中温動作燃料電池に用いる電解質材料の開発加速化に期待~  九州大…

  4. 第12回グローバルヤングアカデミー総会・学会

    感性と理性のリバランス:包括性と持続性に向けた科学の再生科学・技術の…

  5. 日・越における農学を礎とした交流の次世代への継承…

    熱帯農学研究センター 国際開発部門助教 尾﨑 彰則近年、大学や研…

  6. 「つわりがあると赤ちゃんは大きく生まれるのに、 …

    ~症状が治まったあと(妊娠中期後)の“妊婦の体重の伸び悩み”がカギか~…

  7. 有害環境化学物質ビスフェノール類の作用機構を解明…

    ~エストロゲン受容体α型には活性化剤としてβ型には阻害剤として作用~…

  8. アリの音声コミュニケーション研究が開く持続可能な…

    持続可能な社会のための決断科学センター准教授 村上 貴弘九州大学…

PAGE TOP