menu

九州大学共創学部の学生が食料廃棄物から釣り餌をつくるプロジェクトを実施しています

ECYCLE PROJECT(エサイクルプロジェクト)

昨今頻繁に取り上げられているSDGsですが、その中でも食料廃棄物問題や環境問題は特に深刻です。

SDGsを大学で学ぶ共創学部生が、ディグリープロジェクト(卒業研究)の一環として企業と共同で食料廃棄物を釣り餌に加工する取り組みを行い、実社会でSDGsの解決を目標としたプロジェクトを実施しています。

このプロジェクト「ECYCLE PROJECT(エサイクルプロジェクト)」は、食料廃棄問題と海洋汚染問題の解決をベースに食料廃棄物を加工して釣りえさにすることで、廃棄物を減らすとともに、作られたえさも化学薬品が入っていない海にやさしいものにし、さらには、その取組自体が環境問題や食育への意識をもたらすようなサイクルを生み出すプロジェクトを目指しています。

詳細はこちらをご参照ください。

九州大学共創学部ホームページ

⺟⼦間の⼝腔細菌共有を⾼精度に検証

DYASIN法の新展開.多様なキラル分子の光学活性体調製に成功!

関連記事

  1. 次世代有機LED材料の電子の動きを直接観察するこ…

    ~発光効率低下の原因を解明~ 有機LED(OLED)は、次世代のディ…

  2. 次世代自動車用鋼板の外力による内部組織の変化を直…

    ~複合X線CT解析技術の開発~  次世代自動車用鋼板として用いられ…

  3. ポータブルヘルスクリニック・アジア地域におけるウ…

    持続可能な社会のための決断科学センター講師 横田 文彦ポータブ…

  4. 【学内向け】『未来共創リーダー育成プログラム』プ…

    【学内向け】『未来共創リーダー育成プログラム』プログラム体験会について…

  5. 直角に折れ曲がるジェットが描き出す銀河団の磁場構…

    〜 直角に折れ曲がるジェットが描き出す銀河団の磁場構造 〜 国立天文…

  6. RIAMフォーラム2022

    RIAMフォーラム2022応用力学研究所(RIAM)は、力学とその応…

  7. 大気中からのCO2直接回収と地中貯留でネガティブ…

    大気中からのCO2直接回収と地中貯留でネガティブエミッションを達成するコンセ…

  8. 有機分子の動的立体化学挙動を自動分析するマイクロ…

    有機分子の動的立体化学挙動を自動分析するマイクロフローシステムを開発…

PAGE TOP