menu

九州大学と直方市が協力し、直方市立直方西小学校においてICTを活用した 「起業家精神」教育を実施

~公立小学校としては前例のない直方市との取組み~

 九州大学グローバルイノベーションセンター(GIC)は、2021年2月に直方市と締結した連携協力に関する協定により、九州大学のオープンイノベーション(KOINE)を活用した地域産業創生を進めています。この中で、地域での起業家精神(アントレプレナーシップ)の醸成が長期的な地域産業基盤のよりどころであると考え、今回、九州大学ロバート・ファン/アントレプレナーシップ・センター(QREC)と共同で、2月25日(金)に直方市立直方西小学校6年生を対象とし、ICTを活用した「お店の検討」という起業体験教育授業を実施します。
 本授業では、アイデアの創出からビジネスプランの作成に、クラウドでのデータ共有やプレゼンテーションツールを活用した資料作りや、オンライン会議システム(ZOOM等)を活用した発表を実践しながら、アントレプレナーとしての基礎知識について学ぶことを目的とします。
 九州大学では、全学生を対象に、幅広いアントレプレナーシップ教育を提供し、起業体験を学べるQSHOPプログラムを実施しています。このQSHOPの成果を活用した初等教育向けプログラムを今回実施します。このプログラムは、文部科学省が2020年度から小学校で実施する「生きる力」を育む新しい学習指導要領の骨子となるもので、自ら学び実践し、将来につなげる取組みを実現するものです。また、ICTの活用と国際交流の促進も視野に入れて、フィンランドと連携します。フィンランドでは、初等教育でのアントレプレナーシップ教育を2014年に導入し成果を挙げており、今回は、ICTを活用しフィンランドに向けて発表します。
 今回の取組みは、QRECでの「起業意思」の形成研究にもつながると期待され、またフィンランドと共に地域創生のエコシステムに関する研究を進める予定です。今後、直方市とは、継続的に初等教育におけるアントレプレナーシップ教育を実施し、地域創生につなげていくことを目指します。

担当教員からのメッセージはこちらからご確認できます。

共創学部オンライン短期留学プログラム「世界の持続可能な⾷⾁・⾷料⽣産と消費について学ぼう」

「PM2.5による気候変動」(第40回 Q-AOS Brown Bag Seminar Series)

関連記事

  1. パリ・ノートルダム大聖堂と首里城  2019年の…

    ~WEB展覧会を開設~ 世界で最も有名な歴史的建造物の一つであるパリ…

  2. 令和3年度第4回I²CNER Webinar

    令和3年度第4回I²CNER Webinarカーボンニュートラル・エ…

  3. 令和4年度第6回I²CNER Webinar

    令和4年度第6回I²CNER Webinarカーボンニュートラル・エ…

  4. 拡大反射・縮小反射・散乱鏡を自在に切り替える鏡の…

    〜 プリントライクな光学計測デバイス製造技術の実現へ向けて 〜 本学…

  5. 第74回九大祭(オンライン)の開催について

    第74回九大祭(オンライン)の開催について令和3年11月6日(土)〜…

  6. 「機械翻訳の進化と語学教育」(第58回 Q-AO…

    言語文化研究院 言語環境学部門准教授 内田 諭 九州大学アジア・…

  7. 大学と地場企業が連携できる外国人留学生の就職支援…

    九州国際学生支援協会主催 2022年度第1回シンポジウム九州国際学生…

  8. 3者による働く人のQOL(Quality of …

    『働く人の心の健康を維持するための仕組みづくり ~うつ/うつ症状の予防 ~ …

PAGE TOP