menu

医療×デザイン連携セミナー「医療とデザイン・アートの連携が切り拓く未来」

医療×デザイン連携セミナー「医療とデザイン・アートの連携が切り拓く未来」

Qdai-jump Research Program(QR プログラム)「医療とデザインを融合した未来社会のための教育プログラムの開発」の一環として、
以下の日程・内容にてオンラインセミナーを開催いたします。

「医療とデザイン・アートの連携が切り拓く未来」
概要:デザインは、これまでの「モノ」のかたちのデザインから、快適で安全な生活を築く
やり方を計画する「コト」のデザイン、さらに、よりよい社会を構想する「ビジョン」のデザインへと拡張し、医療者の負担を軽減するプロダクトの設計、わかりやすい説明資料やサービスデザインによる患者満足度の向上など、医療における様々な分野で連携が期待されています。本セミナーはデザイン(アート& テクノロジー)の連携について先進的な取り組みを紹介し、また九州大学で実施している両分野を連携した人材育成プログラムを紹介します。

チラシ(別タブで開きます)

対  象  一般向け、高校生向け、在学生・教職員向け、その他
開催日時  2021.11.11 (木) 14:00 ~ 2021.11.11 (木) 16:00

会場名  オンライン開催
定 員  なし
参加費  無料

言語:日本語

***プログラム***
総合司会:九州大学病院 国際医療部 助教 工藤孔梨子
14:00~14:10 開会挨拶 九州大学 副理事 清水周次
14:10~14:40 講演1 「医療支援から見つめなおすアート医療教育」 
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 形成再建外科学講座 教授 木股 敬裕
14:40~15:10 講演2 「サイバーフィジカルな時代における医芸工協創デザインについて」
九州大学名誉教授・遼寧何氏医学院教授 芸術と科学技術専門学科長
源田 悦夫 
15:10~15:50 令和3年度 QRプロジェクト紹介
概要説明 九州大学病院 国際医療部 助教 工藤 孔梨子
進捗報告 九州大学大学院 芸術工学研究院 デザインストラテジー部門 准教授 秋田 直繁
15:50~16:00 閉会挨拶 九州大学大学院 芸術工学研究院 デザインストラテジー部門
教授 平井 康之

主催:九州⼤学病院 国際医療部
QRプログラム(Qdai-jump Research Program)「医療とデザインを融合した未来社会のための教育プログラムの開発」
協⼒:Q-AOS 医療・健康クラスター

医療関係者、デザイン関係者・学生・研究者・教職員・企業・一般の方等、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちらよりご参照ください。 

好熱性シアノバクテリアから新規多量体構造の光捕集色素タンパク質を発見

中山博喜氏講演会「アフガンに命の水を-中村哲の『この指とまれ!』-

関連記事

  1. 図書館と社会融合:社会に開かれた情報資源

    図書館と社会融合:社会に開かれた情報資源図書館は、各種のメディアや情…

  2. 【作品募集】2022アジアデジタルアート大賞展 …

    【作品募集】2022アジアデジタルアート大賞展 FUKUOKA『アジアデ…

  3. スルフォラファンが炎症誘導性の受容体タンパク質を…

    ~大腸炎など炎症性腸疾患(IBD)の予防・治療に期待~ポイント1…

  4. 令和4年度農学部附属演習林北海道演習林 公開講座…

    「野外セミナー・十勝の森と樹木」…

  5. 世界が進化する1日。SDGs Design LI…

    世界が進化する1日。SDGs Design LIVE SDGsデザインインタ…

  6. 第五回台湾事情:「多角的に見る台湾アイデンティテ…

    第五回台湾事情:「多角的に見る台湾アイデンティティ」1月22日(土)…

  7. 糖尿病の鍵・アディポネクチン受容体と同等の作用を…

    ~インスリン抵抗性の改善および抗糖尿病作用に期待~ 脂肪細胞から…

  8. クローバー会 第1回

    がんの免疫療法についてがん患者さんとご家族にがんに関する情報を提供し…

PAGE TOP