menu

新型コロナウイルス対策等を指向したアジア天然資源活用活性化の国際産学連携を目指した継続的オンラインカンファレンス(Asian Natural Products Conference)

農学研究院環境農学部門
清水 邦義 准教授

5月21日に申請者が主催者として、アジア遠隔医療開発センター(TEMDEC)の全面的技術的サポートを受け、1st Asian Natural Products Conferenceを開催し(https://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/shinrinken/pdf/200625.pdf)、好評を博した。今後、3か月に1度のペースで、開催し、アジアの天然物資源に関するネットワークを拡充し、アカデミックな連携(交流協定・共同研究)を活性化させていくとともに、産業界も巻き込み、国際的な産学連携活性化により、アジア天然資源を活用した新型コロナウイルス対策、SDGsの課題解決を目指す。第1回目は、全面的かつ献身的なTEMDECの技術的サポートによって問題なく実施できたが、今後は自ら実施するためのインフラ整備の必要性が多大に存在する。1回目のオンラインカンファレンス時に顕在化した各種問題を解決するための必要な物品・機材等が把握できたために、継続したオンラインカンファレンス開催のための機材・ウエブを、本プロジェクトを通して充実させる。

問い合わせ先

[担当者] 清水 邦義
[電 話] 092-802-4675
[E-mail] shimizu★agr.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

イベント

2nd Asian Natural Products Conference NEW

※プログラムは都合により変更になる場合があります。

開催日時 9月4日(金) 13:00-17:00 (仮)
会場 Zoomを用いてオンラインで実施

[概  要]
  5月21日に1st Asian Natural Products Conferenceを開催したが、第二回目を、九州大学のAsia Weekに
  合わせて、9月4日開催する予定である。第二回目は、産業界からの参画も予定しており、インドネシア、
  タイ、中国、シンガポールなどのアジア諸国の研究者と産業界との産学連携の活性化が期待できる。特に、
  天然素材を用いた新型コロナウイルス対策動向・機能性食品開発動向・化粧品原料開発動向などを把握する
  とともに、コロナ禍において私共の生活の質・健康増進に有効なアジア天然素材探索の共同研究を本格化・
  活性化させる。今後、3か月に1回の開催ペースで、続けていく予定である。

[問い合わせ先]
 [担者] 清水 邦義
 [E-mail] shimizu★agr.kyushu-u.ac.jp
 ※メールアドレスの★を@に変更してください。

持続可能な開発目標(SDGs)の新たな経済成長の指標を開発

大霧地熱発電所内での国際巡検の様子アジア・アフリカにおける鉱物・地熱資源人材協働育成とネットワーク醸成

関連記事

  1. 令和4年度 九大発ベンチャー創出の支援について

    第6期九大ギャップファンド - 昨年度までの42件のうち、17件が起業 -…

  2. 人社系協働研究・教育コモンズ オムニバスセッショ…

    人社系協働研究・教育コモンズ オムニバスセッション『知の形成史』第1回…

  3. 「循環経済ネットワーク形成」ワークショップ

    「サーキュラー糸島」(糸島内での循環経済ネットワーク)を築くためのワークショ…

  4. シンポジウム「イノベーションを生み出すビジネス融…

    シンポジウム「イノベーションを生み出すビジネス融合型デザイン教育」開催のお知…

  5. 「EU統合の現状と課題-アジアの未来を見据えて」…

    経済学研究院教授 岩田 健治九州大学アジア・オセアニア研究教育機構(…

  6. 1/31 ダイバーシティ推進トップセミナー

    「変容しつつあるジェンダー概念の理解に向けて」開催のお知らせ九州大学…

  7. 再生可能エネルギーの発電拡大による電力卸売市場の…

     ~気候変動対策の経済的側面からの政策立案に貢献~  太陽光発電や風…

  8. 令和3年度女性職員エンカレッジメントセミナー開催…

    先輩女性管理職に聞く「女性のキャリアをどう考える?」このたび男女共同…

PAGE TOP