menu

,

薬学研究院アジア連携Webinar2020

薬学研究院
大戸 茂弘 研究院長

九州大学薬学部、薬学府では、世界人類の健康に貢献すると共に薬学領域において世界を牽引する研究成果を発信し、高いレピュテーションを獲得することを目標としている。この目標を達成するため、教員の国際交流、国際共同研究の推進を図ると共に、学部生、学府生に対し高い英語運用能力や国際社会に対応する研究遂行能力を醸成するプログラムを構築・実施している。特に学部では創薬科学科に国際社会において指導的な立場で活躍できる人材育成を目指したコース(創薬科学科国際コース)を2018年度に設置し、本コースを基盤として双方向性を持った国際連携カリキュラムを構築している。しかし、本年度はコロナウィルスの影響でインバウンド・アウトバウンドともに実施困難な状況である。一方でこの状況は世界的に発生していることから、現在は世界各国の研究者・大学教員とオンラインでセミナーを開催する機運が世界的に熟していると考えられる。そこで、薬学研究院ではアジア各国の連携校を中心とし、教職員などの研究発表、国際コースの学生の発表などを含めたオンラインセミナー「薬学研究院アジア連携Webinar2020」を開催する。

台北医学大学ジョイントシンポジウム
台北医学大学ジョイントシンポジウム
マラヤ大学ジョイントシンポジウム
マラヤ大学ジョイントシンポジウム

チームメンバー

薬学研究院 浜瀬 健司 副研究院長(国際化担当)

共同実施機関

タイ、台湾、マレーシア等の連携大学

問い合わせ先

[担当者] 浜瀬 健司
[電 話] 092-642-6598
[E-mail] hamase★phar.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

イベント

薬学研究院アジア連携Webinar2020 “Bringing Pharmaceutical Innovation together in Asia and beyond” NEW

※プログラムは都合により変更になる場合があります。

開催日時 2020年9月10日 16:00-19:00
会場 オンライン

Programs

16:00-16:05 OPENING REMARKS
Dr. Shigehiro OHDO, Dean and Vice-president of Kyushu University
16:05-17:25 SESSION I: FRONTIERS IN INTERNATIONAL PHARMACEUTICAL SCIENCES
Chair: Drs. Mariko ASO and Seiichi SAKAMOTO
・Mechanism of antitumour of betulinic acid in leukemia stem cells and zebrafish
 Dr. Leong KOK HOONG, Malaya University, Malaysia
・Enantioselective analysis of lactate in mammals
 Dr. Jen-Ai LEE, Taipei Medical University, Taiwan
・Pesticide residue in cannabis extracts and its removal by centrifugal partition
 chromatography (CPC)
 Dr. Sornkanok VIMOLMANGKANG, Chulalongkorn University, Thailand
・Untargeted Metabolomics – generating an overview of the metabolic state of cells
 by the use of HPLC, mass spectrometry and bioinformatics
 Dr. Roland REISCHL, University of Salzburg, Austria
17:25-17:35 Break
17:35-18:52 SESSION II: STUDENTS’ PRESENTATION OF THE FACULTY OF PHARMACEUTICAL SCIENCES
Chair: Drs. Jose M. M. CAAVEIRO and Shogo OZAKI
(Presentation by 2nd year students)
・Overview of Japan
 Rintaro NAKAHASHI and Kohei NOMAKI
・Kyushu island, where tradition and modernity meet
 Eriko I and Mai HARAGUCHI
・Fukuoka city: Japan’s gateway to Asia
 Manami KATAYAMA and Mari KATAOKA
・Kyushu University as center for Sciences, Technology, and Education
 Riko OKABE and Taishi MIURA
(Presentation by 3rd year students)
・“International Course” at the School of Pharmacy in Kyushu University
 Keita HIROSE, Natsuho MORITSUKA, and Rion SATOMURA
・Experience in Taiwan
 Yumi OKANO, Yuka FURUMOTO, and Ippei TSUZUKI
18:52-19:00 CLOSING REMARKS
Dr. Kenji HAMASE, Vice-Dean of the Faculty of Pharmaceutical Sciences

Correspondence

Dr. Kenji HAMASE, Vice-Dean of the Faculty of Pharmaceutical Sciences
Email: hamase★phar.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

九州大学芸術工学部・大学院芸術工学府英語によるオンラインとオフラインを併用した新しい教育モデルの構築~新国際科目「デザインと日本」による試行~

Q-Webinar of Collaborative Studies on SDGs in Asia

関連記事

  1. 持続可能な開発目標(SDGs)の新たな経済成長の…

    -インフラ、環境、健康、教育の政策立案に貢献-今回、九州大学大学院工…

  2. 「サンゴから読み解く人と環境のつながり」(第49…

    理学研究院 地球惑星科学部門助教 山崎 敦子九州大学アジア・オセ…

  3. 【2022年3月12日(土)】市民公開講座

    ~総排泄腔疾患ってどんな病気?~「総排泄腔疾患」という先天性難治性稀…

  4. フジイギャラリー先行展示「THE NICHE き…

    フジイギャラリー先行展示「THE NICHE きみだけのニッチをさがせ」…

  5. 【学内向け】2021年 国際研究につながる助成金…

    【学内向け】2021年 国際研究につながる助成金についてのセミナー Semi…

  6. International Workshop f…

    言語文化研究院言語環境学部門教授 井上 奈良彦レトリック研究の世…

  7. 第74回九大祭(オンライン)の開催について

    第74回九大祭(オンライン)の開催について令和3年11月6日(土)〜…

  8. 海でつながる高校生ミーティング’21 ~九州の高…

    海でつながる高校生ミーティング’21 ~九州の高校生が自分の活動を発表するミ…

PAGE TOP