menu

持続可能な開発目標(SDGs)の新たな経済成長の指標を開発

-インフラ、環境、健康、教育の政策立案に貢献-

今回、九州大学大学院工学研究院及び都市研究センターの馬奈木俊介主幹教授の研究グループは、出版代表者として委託を受けた国連報告書「Inclusive Wealth Report 2018(IWR: 包括的な豊かさに関する報告書)」を発表し、健康面をはじめて取り入れた新たな経済成長の指標結果を発表しました。



詳細はこちら

新型コロナウイルス対策等を指向したアジア天然資源活用活性化の国際産学連携を目指した継続的オンラインカンファレンス(Asian Natural Products Conference)

関連記事

  1. 局地的豪雪をもたらす「北陸不連続線」の実体を解明…

    ~日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)とは異なる形成メカニズム~ポイント…

  2. 群れをなし,働き始めた分子ロボット

    〜実働するマイクロサイズの分子ロボットを世界に先駆けて開発することに成功〜…

  3. 生物初、オスとメスが互いに食べ合う行動をゴキブリ…

    〜クチキゴキブリの翅の食い合い〜 クチキゴキブリは日本では九州以南の…

  4. 世界最高エネルギーの衝突型加速器 LHC にてニ…

    ~ニュートリノ実験の新しい視点~  ニュートリノ(※1)は、極端に…

  5. 映画『記憶の戦争』上映会&トークイベント

    映画『記憶の戦争』上映会&トークイベント韓国研究センターでは、映画『…

  6. 第88回サイエンスカフェ@ふくおか「バイオ・フー…

    第88回サイエンスカフェ@ふくおか「バイオ・フードラボから考える「海」と「食…

  7. 日中デザイン会議・アジアデザイン会議2020

    芸術工学研究院デザインストラテジー部門張 彦芳 ジャン エンファン 講師…

  8. 【2022年3月12日(土)】市民公開講座

    ~総排泄腔疾患ってどんな病気?~「総排泄腔疾患」という先天性難治性稀…

PAGE TOP