menu

日本・スウェーデン学術機関記念セミナー│藤川茂紀主幹教授ゲストレクチャー

日本・スウェーデン学術機関記念セミナー│藤川茂紀主幹教授ゲストレクチャー

瑞日基金(Sweden Japan Foundation)の設立50周年記念ウィークの一環として、九州大学ストックホルム・リエゾン・オフィス開設およびJSPSストックホルム研究連絡センター20周年を記念した連携セミナーを開催します。

在スウェーデン日本国大使館、スウェーデン王立工学アカデミー(IVA)およびスウェーデン王立工科大学(KTH)との共催による本セミナーでは、本学ネガティブエミッションテクノロジー研究センター長の藤川茂紀主幹教授がゲストレクチャーを行う他、気候変動への取組に関して、スウェーデン産業界およびIVA会員等の研究者によるパネルディスカッションが実施されます。

日本からはオンラインでご参加いただけます。気候変動に向けた取組やスウェーデン機関との連携に興味のある方は是非ご参加ください。

チラシ(別タブで開きます)

一般向け、在学生・教職員向け、その他
開催日時 2021.10.29 (金) 16:00 ~ 2021.10.29 (金) 17:30
会場名 オンライン(Zoom)
定員 なし
参加費 無料

イベント詳細
日時:2021年10月29日(金)16:00~17:30(日本時間)
プログラム(予定)
16.00 Guest Lecture
Shigenori Fujikawa, Director of Research Center for Negative Emissions Technologies, Kyushu University
“Ubiquitous CO2 capture directly from air by nanometer-thick membranes”

16.45 Panel Discussion
Host:
Francesco Fuso-Nerini, Director of KTH Climate Action Centre
Panelists (TBC):
Kenneth Möllersten, IVL Swedish Environmental Research Institute
Christophe Duwig, Associate Professor at KTH

Organizers:
スウェーデン王立工科大学(KTH)
在スウェーデン日本国大使館
瑞日基金(Sweden Japan Foundation)
JSPSストックホルム研究連絡センター
九州大学ストックホルム・リエゾン・オフィス
スウェーデン王立工学アカデミー(IVA)

Language: English
English page here

詳細はこちらよりご参照ください。 

【学内向け】Online Poster Session Part 4 JST創発的研究支援事業

古川柳蔵・生田博子編著『在来知と社会的レジリエンス:サステナビリティに活かす温故知新(SDGs時代のESDと社会的レジリエンス研究叢書 3)』2021年、筑波書房

関連記事

  1. 次世代自動車用鋼板の外力による内部組織の変化を直…

    ~複合X線CT解析技術の開発~  次世代自動車用鋼板として用いられ…

  2. 肺を健康に維持するためには口の衛生管理が重要!

    〜 舌苔細菌の蓄積と高齢者の気流制限との関連が明らかに 〜 九州大学…

  3. 世界最高エネルギーの衝突型加速器 LHC にてニ…

    ~ニュートリノ実験の新しい視点~  ニュートリノ(※1)は、極端に…

  4. 気候変動は東南アジアの熱帯雨林樹木の開花・結実頻…

    気候変動は東南アジアの熱帯雨林樹木の開花・結実頻度を減少させるポイン…

  5. 九州大学-国立台湾師範大学ジョイントフォーラム

    九州大学-国立台湾師範大学ジョイントフォーラム九州大学の大学間交流協…

  6. G20の消費はPM2.5の排出を通じて年200万…

    G20の消費はPM2.5の排出を通じて年200万人の早期死亡者を生む…

  7. 北極海氷の減少を説明する新たなメカニズムを提唱

    ―メキシコ湾流の温暖化による遠隔効果―ポイント・北極海大西洋側の…

  8. 環境DNA学会第4回大会公開シンポジウム『環境D…

    環境DNA学会第4回大会公開シンポジウム『環境DNA市民科学-参加型調査で地…

PAGE TOP