Ig G4関連疾患の罹患臓器に浸潤し細胞傷害と臓器線維化に関わるT細胞とB細胞を同定

歯学研究院
前原 隆 講師

臓器線維化と免疫グロブリンのクラススイッチに関与するT細胞の発見

ポイント

・IgG4関連疾患は、全身の慢性炎症性疾患であるがその病態は不明である
・IgG4関連疾患の罹患臓器における病態形成に関わる病因T細胞とB細胞の同定に成功
・今後は臓器線維化を特徴とする他疾患の病態解明にもつながる

概要

IgG4関連疾患は、2001年に日本人によって初めて報告された新しい疾患概念であり、涙腺、唾液腺、膵臓、腎臓、胆管、後腹膜など全身のさまざまな臓器に腫瘤を形成する疾患です。高IgG4血漿と、罹患臓器へ多数のT細胞およびB細胞の浸潤ならびに特徴的な臓器線維化を認める全身性慢性炎症性疾患です。これまで、この疾患の罹患臓器における異常な免疫病態についての詳細は不明で、その解明が望まれていました。
 九州大学大学院歯学研究院 口腔顎顔面病態学講座顎顔面腫瘍制御学分野(当時)の前原隆講師(現・九州大学病院 顎口腔外科 講師)、古賀理紗子医員、川野真太郎教授、中村誠司教授(長崎国際大学)、Shiv Pillai(ハーバード大学 Ragon Institute of MGH, MIT, and Harvard)らの共同研究グループは、本研究により、罹患臓器に浸潤する全T細胞とB細胞を1細胞レベルで詳細に解析できたことで、IgG4関連疾患の実際に免疫応答が起こっている罹患臓器における病因T細胞群とB細胞群を世界で初めて明らかにしました。この研究成果により、IgG4関連疾患の罹患臓器における細胞傷害と臓器線維化に関わる免疫学的応答の一端を明らかにすることができました。
 今後は、本疾患の病態解明につながるだけでなく、本研究で明らかにした特異な細胞を標的とした新しい治療法の開発が可能であると考えられます。
 本研究成果は米国の雑誌「The Journal of Allergy and Clinical Immunology」に2024年4月1日(月)に掲載されました。

用語解説

((※1) Double negative B 細胞
ほとんどの成熟B細胞は、表面マーカーであるIgDとCD27の発現で4つのサブタイプに分かれるが、最近になって自己免疫疾患でその増加が明らかになってきた集団がIgD-CD27-B 細胞

(※2) scRNA sequencing(図1)
シングルセル遺伝子発現解析:1つ1つの細胞の遺伝子発現を解析

(※3) TCR sequencing(図1)
T細胞受容体多様性解析:多様なT細胞集団の中に特定のT細胞クローンが優位に存在するか否かの解析

研究に関するお問合せ先

九州大学病院 顎口腔外科 前原 隆 講師

詳細

本研究の詳細はこちらをご参照ください。

オオクロバエは鳥インフルエンザウイルスを運ぶ

地球の歴史を調べるための新たな化石研究法

関連記事

  1. オオクロバエは鳥インフルエンザウイルスを運ぶ

    農学研究院藤田 龍介 准教授今後の鳥インフルエンザ対策にはハエにも注…

  2. ブータンとの遠隔医療セミナー

    九州大学病院国際医療部清水 周次 教授ブータンは険しい山国のため舗装…

  3. 【3/9開催】言総研 言語聴覚士セミナー

    ~ 早口言語症(クラタリング)の理解と支援 ~ このたび、人文科学研…

  4. 脂質の酸化を抑える薬の効率的な探索法を開発

    薬学研究院山田健一 主幹教授加齢黄斑変性や血管性認知症などに対する薬…

  5. 藤木幸夫名誉教授 日本学士院賞受賞者に決定

    藤木幸夫名誉教授が「日本学士院賞受賞者」に選ばれました大学院理学…

  6. 【学内向け】日本医療研究開発機構 九州大学 A…

    【学内向け】日本医療研究開発機構 九州大学  AMED-CREST, PRI…

  7. DNAが切れた損傷に対して二つのしくみが冗長的に…

    ~ ゲノム編集技術やがん研究への応用につながる ~ポイント・…

  8. 脳ゲノムへの8-オキソグアニンの蓄積を抑えるとア…

    -アルツハイマー病の新たな予防と治療法の開発が可能に- 九州大学生体…