金谷 晴一 教授が田中貴金属記念財団2023年度「貴金属に関わる研究助成金」Umekichi Tanaka Awardを受賞

令和6年3月31日、システム情報科学研究院 金谷 晴一 教授は、2023年度「貴金属に関わる研究助成金」で、Umekichi Tanaka Awardを受賞しました。

 金谷教授は「電磁波遮蔽機能付ボンディングワイヤに関する研究」で受賞。この研究は、貴金属を含んだ磁性薄膜をワイヤボンディングの表面にコーティングすることで、合金構造から高周波での渦電流損失を低減し、電磁波遮蔽性能を向上させるものです。貴金属の新たな材料分野への拡張可能性が高く評価され、受賞へつながりました。

貴金属に関わる研究助成金について

「貴金属に関わる研究助成金」を実施している田中貴金属記念財団は、「貴金属が切り拓く新たな世界」への挑戦を支援するために、この助成金制度を実施しています。1999年から毎年実施されており、第25回目となる今回は、合計210件の応募があり、そのうち19件の研究に対して研究助成金が授与されています。
・関連リンク:2023年度「貴金属に関わる研究助成金」受章者について

受賞につながった研究概要

高周波無線通信回路において周囲の電子機器や通信電波などからの電磁波により、雑音や電磁干渉を引き起こすことが課題となっています。これらの雑音源を最小限に抑えつつ、効率的で信頼性の高い通信回路を構築するための回路設計が必要不可欠です。 磁性体は電磁波の磁場成分に影響するため、 電磁波の吸収や、磁場成分を変化させることによって、電磁波を減衰させることが可能であり、特に低周波の磁気シールドなどに応用されています。この磁性体の特性を高周波無線通信回路に適用し、雑音や電磁干渉を低減することが期待されます。

研究内容における貴金属の役割

最近、コバルト-白金磁性薄膜にて電磁波を遮蔽する効果が確認されてきています。電磁波が磁性膜に侵入するときに、電磁波エネルギーが磁気エネルギーに変換されます。このとき、強磁性共鳴の現象により、薄膜の磁性金属のスピンが歳差運動することにより、電磁波が減衰するためだと考えられます。この特性を利用して、高周波無線通信回路の配線部等に磁性膜をコーティングすることにより、雑音や電磁干渉を低減することが期待されます。

貴金属に関する開発内容

半導体チップ上の電極と外部リードとを結ぶワイヤ表面に磁性薄膜をコーティングし、ワイヤから発生する磁場を遮蔽することにより自己インダクタンスの効果が生じない構造とすることで、GHz帯で情報をやり取りするデバイスにもボンディングワイヤを使うことができると考えられます。また、近接するワイヤの萬周波電流から受ける相互インダクタンスの効果の抑制も期待できます。さらにワイヤ同士が接触してもショートすることがないため、より密にワイヤボンディングを行うことが可能となります。

お問い合わせ先

九州大学広報課
電話:092-802-2130
FAX:092-802-2139
Mail:koho★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

【~7/29応募締切】ポスターセッション 発表ポスター募集中

【5/21開催】KOOU 第1回URA等交流会・情報交換会

関連記事

  1. 【2/3㈯・3/2㈯・3/26㈫・27㈬・28㈭…

    ~ 「共創学部を体験しよう!2024」 ~このたび、石川県能登地方を…

  2. 令和3年度 IDE大学セミナー

    令和3年度 IDE大学セミナー IDE大学協会九州支部は、国公私立大…

  3. 令和6年度大学院修士課程及び専門職学位課程進学予…

    〜令和6年度 大学院修士課程及び専門職学位課程進学予定者に係る 特に優れた業…

  4. 松山倫也特任教授が、2024年度日本農学賞等を受…

    松山特任教授が2024年度日本農学賞及び第61回読売農学賞を受賞しました。…

  5. 【公開講座】高校生のための「未来構想デザイン」講…

     ~ 高校生のための「未来構想デザイン」講座(紹介編) ~  202…

  6. 電気化学発光分野の新展開!

    ~ 蛍光色素に防護具(プロテクター)を装着し、驚異的な発光強度増強を実現 ~…

  7. 大学院入学前採用奨学金「九州大学大学院研究テーマ…

    〜令和6年度 大学院修士課程及び専門職学位課程進学予定者に係る 特に優れた業…

  8. 言総研 国語セミナー「「意味」か「意図」かーー中…

    ~ 社会連携特別セミナーを開催いたします。「チンプンカンプンを楽しもう」~…