林克彦主幹教授(医学研究院)が英科学誌ネイチャー「今年の10人」に選ばれました

~ 林克彦主幹教授 英科学誌ネイチャー「今年の10人」に選出 ~

 英科学誌ネイチャーは、2023年に科学に貢献した10人を発表し、本学の林克彦主幹教授(医学研究院・ヒトゲノム幹細胞医学分野)が選ばれました。
 林主幹教授は平成26年4月に九州大学大学院医学研究院に着任し、今年の3月、林主幹教授の研究グループはオスのマウスのiPS細胞から卵子を作り、子どもを誕生させることに世界で初めて成功し、この成果が「絶滅の危機に瀕している種を救うのに役立つ可能性がある偉業」であると高く評価されました。
 詳しくは、英科学誌ネイチャーの特別サイトをご覧ください。

 九州大学ホームページもあわせてご参照ください。

“⾒た⽬はそっくり、中⾝は違う”(C-グリコシド型)擬複合糖質を開発

酸性で駆動する超疎水性二酸化炭素還元電極

関連記事

  1. 昆虫を食べる・・・無料実食イベントを開催!

    昆虫を食べる・・・無料実食イベントを開催!九州大学大学院農学研究院昆…

  2. 「効率的なニワトリ新品種作出」と「始原生殖細胞の…

     ~ エル・ニーニョが熱帯雨林の二酸化炭素吸収を決めていた ~ …

  3. 日本畜産学会第128回大会(福岡大会)市民公開シ…

    日本畜産学会第128回大会(福岡大会)市民公開シンポジウムのご案内3…

  4. 第4回 市民講座

    ~「食と健康」にまつわる情報を広く市民の方々に提供~九州大学 大学院…

  5. 藤川 茂紀教授がG7広島サミット2023に出展し…

    ~ 自然のCO2をもっと活用する農業:”安心・おいしい”を濃縮 ~ G…

  6. 「世界環境の日」ホスト国のSDGs「新国富(IW…

    「新国富指標」1972年6月5日からストックホルムで開催された「国連…

  7. 中山博喜氏講演会

    アフガンに命の水を-中村哲の『この指とまれ!』- 11月28日(日)…

  8. 【10/18開催】第116回アジア・オセアニア研…

    九州大学 農学研究院 生命機能科学部門 中山 二郎 教授九州大学…