椎葉の奥⼭では、シカ増加に伴う⼟壌侵⾷により、ブナが衰退している

 ~ 椎葉の奥⼭では、シカ増加に伴う⼟壌侵⾷により、ブナが衰退 ~

ポイント

・近年、個体数の増加したシカの採⾷で森林の下層植⽣が減少し、九州の⼭岳林では⼟壌侵⾷が⽣じています。⼀⽅、このような⼟壌侵⾷が樹⽊成⻑にどう影響するかは不明でした。
・⼭岳ブナ林が広がる九州⼤学宮崎演習林(椎葉村)において、⼟壌侵⾷の指標である根の露出程度とブナの成⻑量との関係を調べたところ、根の露出程度が⼤きいブナほど成⻑が低いことが明らかになりました。
・本研究成果は⽇本の森林で深刻化するシカの下層植⽣採⾷が樹⽊衰退を招く⼀因となることを初めて⽰し、今後のシカの⾷害対策を考えるうえで役⽴つことが期待されます。

概要

 近年、⽇本の多くの天然林では個体数の増加したニホンジカの植⽣採⾷に伴い下層植⽣が減少しています。下層植⽣の減少は⼟壌侵⾷を加速させ、樹⽊の根を地上に露出させますが、これまで下層植⽣消失により発⽣した⼟壌侵⾷が樹⽊の成⻑に与える影響は明らかではありませんでした。九州⼤学⼤学院⽣物資源環境科学府 博⼠後期課程の阿部隼⼈⽒,九州⼤学⼤学院農学研究院の⽚⼭歩美助教、岡⼭⼤学学術研究院⼤学院環境⽣命⾃然科学学域の兵藤不⼆夫教授らの研究グループは、シカの植⽣採⾷が⻑期的に続く九州南部のブナ林で、⼟壌侵⾷と樹⽊成⻑の関係を調査しました。その結果、⼟壌侵⾷の指標である根系の露出程度が⾼いブナ個体ほど、毎年の着葉量や幹の成⻑量が低いことが明らかになりました。ブナの成⻑低下は本地域でシカが増加し、下層植⽣が減少・消失した時期から⽣じていることが年輪解析から分かりました。また年輪試料の炭素安定同位体を分析することで、成⻑低下が根の露出に伴う⽔不⾜に起因する可能性が判明しました。ブナの成⻑低下は地⾯を覆い⼟壌侵⾷を軽減する落葉・落枝の減少に繋がり、さらなる⼟壌侵⾷とブナの成⻑低下を引き起こす負のスパイラルになっている可能性があります。森林を構成する樹⽊の成⻑低下は将来的な森林の劣化や荒廃に繋がる恐れがあることから、本研究結果は天然林の保全や⽣態系サービスを維持するために、シカの過剰な植⽣採⾷をコントロールする必要性を提⽰しています。
 本研究成果は、2023 年10 ⽉11 ⽇に国際学術誌「Catena」のオンライン速報版で公開されました。

詳細

詳細は九州大学プレスリリースをご参照ください。

【11/4開催】九州大学アカデミックフェスティバル&ホームカミングデー2023

九州山地で起きている土壌侵食による土壌微生物相の変化はさらなる土壌侵食が起こる可能性を示唆している

関連記事

  1. 農学部附属農場創立百周年記念行事を開催

    〜農学部附属農場創立百周年記念行事を開催しました ~九州大学農学…

  2. 九州大学共創学部の学生が食料廃棄物から釣り餌をつ…

    ECYCLE PROJECT(エサイクルプロジェクト)昨今頻繁に取り…

  3. 「九州大学学術研究都市」セミナーin東京2021…

    「九州大学学術研究都市」セミナーin東京2021本セミナーは、世界的…

  4. 第86回サイエンスカフェ@ふくおか「未来の魚の謎…

    「未来の魚の謎に迫る!」~新しい養殖のテクノロジー~ 開催のおしらせ…

  5. 「2021年福岡アジア文化賞大賞」受賞者パラグミ…

    「2021年福岡アジア文化賞大賞」受賞者パラグミ・サイナート氏による市民フォ…

  6. 藤川 茂紀教授がG7広島サミット2023に出展し…

    ~ 自然のCO2をもっと活用する農業:”安心・おいしい”を濃縮 ~ G…

  7. 耳標に貼り付けたセンサから牛をセンシングする技術…

    耳標に貼り付けたセンサから牛をセンシングする技術を開発 九州大学農学…

  8. 「新食品素材・マイナーサブシステンスとしての昆虫…

    熱帯農学研究センター准教授 百村 帝彦 九州大学アジア・オセアニ…